• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「占いの館みたい」稲垣吾郎の自宅事情に本田翼、山本美月らもびっくり!?

映画「少女」初日舞台あいさつ 映画「少女」の初日舞台あいさつが10月8日(土)に行われ、主演・本田翼、山本美月、稲垣吾郎、佐藤玲、児島一哉、原作者の湊かなえ、三島有紀子監督が登壇した。

 本作は「告白」「白ゆき姫殺人事件」などのヒット作を世に繰り出す湊かなえ原作の“死”にまつわる禁断の世界を描いた長編ミステリー。稲垣は「人が生きていく中で少なからず誰しもが抱えている闇や心の傷にそっと寄り添ってくれるような素敵な作品。僕も大好きな作品になりました」と語った。

 稲垣との共演について「現場ではあいさつしか交わしてないんです。お互い役の間柄もあったので」と語る本田。「話しかけにくいですよね、僕の雰囲気って」と稲垣から話を振られると「すごく話しかけにくい…」と申し訳なさそうに明かした本田。すかさず児嶋から「ハッキリ言うんじゃないよ!」とツッコミが入り、客席からは笑いが起こった。

 作風にちなみ、自身の“闇”について聞かれた出演陣。「基本が闇。まず部屋の中が闇ですからね」とぶっちゃけた稲垣は「キャンドルとかしかなくて蛍光灯が一切ないから部屋が暗い。よく占いの館みたいと言われますね(笑)。間接照明とか、火の灯りが好き。暗いほうが心地が良い」と照明事情を明かし、本田らを驚かせた。

 また、「1日お休みがあったときに何も食べずに1日中18時間ずっとゲームをしてた」(本田)、「3連休をもらったときに1人で映画館に通ってた」(山本)とそれぞれが自身の闇を話すと、稲垣は「2人とも友達がいないんですね。僕はいますよ、中年のおじさんが。帰ってきて(おじさんが)いないことが闇ですね」と、おなじみのおじさんエピソードで会場を沸かせた。

 湊かなえ原作の累計100万部突破のベストセラー小説を映画化した「少女」は全国にて絶賛公開中。

映画「少女」公式HP:http://www.shoujo.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える