• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

菅田将暉、窪田正孝、門脇麦、柳楽優弥らも祝福!「闇金ウシジマくん」ファイナルイベント

(左から)山口雅俊監督、崎本大海、安藤政信、山田孝之、永山絢斗、間宮祥太朗、高橋メアリージュン、やべきょうすけ

(左から)山口雅俊監督、崎本大海、安藤政信、山田孝之、永山絢斗、間宮祥太朗、高橋メアリージュン、やべきょうすけ

 映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」プレイミアムイベントが10月9日(日)、東京・港区で行われ、シリーズレギュラー陣の山田孝之、崎本大海、やべきょうすけ、高橋メアリージュンと「~ファイナル」出演者、そして山口雅俊監督が登壇した。

 深夜ドラマから映画化、シリーズ化した6年間の思い出を振り返るコーナーでは、山田、やべ、崎本が酷暑とほこりの中での撮影や、待ち時間につまめるお菓子も用意されてなかった当初の予算のなさを懐かしげに語り合った。いっぽう、ライバル会社という役の関係性から、オフタイムも山田たちカウカウファイナンスの面々とほとんど話さないようにしていたという高橋が、「これからは普通に話してもいいんです…ね」と感慨深げな表情を見せる場面も。

 長く続いたこの作品について、山口監督が「丑嶋役に山田君を思いついて、受けてもらったということが一番のターニングポイント。山田君と共演したいという人が増えてきて、徐々にキャスティングが楽になりました」と述懐すると、片瀬那奈、林遣都、柳楽優弥、門脇麦、窪田正孝、菅田将暉ら過去シリーズの出演者たちのコメントVTRのサプライズ上映が(後述)。

 続いて、永山絢斗、間宮祥太朗、安藤政信ら『~ファイナル』で重要な役どころを演じる面々が登場。それぞれ「すごく歴史ある作品のファイナルに声をかけてもらって幸せです」(永山)、「ウシジマをずっと見続けてきました。滑り込みセーフで出られました」(間宮)、「ドラマの最初からずっと見てました。出たいって『キッズ・リターン』(1996年)の盟友・きょうすけにずっと言ってたんですよ。終わっちゃうって聞いて悲しかったです(笑)」(安藤)と思い入れを熱く語った。

 山田は「(永山演じる幼なじみの)竹本とのシーンはすごく楽しかったです。初めて丑嶋に人間らしさを入れられました」、「(「共演できてうれしかった。また共演したい」と繰り返す安藤に)僕もずっと安藤さんと共演したいと思ってました」とコメント。そして「見た人が僕だと気づかないと幸いです」と言うほどの特殊メイクだった鰐戸三蔵役の間宮が「先に入ってメイクして、バラしも1人遅いので、打ち上げで初めて僕の顔を見たという人は動揺してました」と語ると、「それ、僕の(『荒川アンダー ザ ブリッジ』で演じた)星と同じ」とコメントして笑わせた。

 山田が「『ウシジマ』なのにいい映画になっちゃった、という感じ。いい終わり方をしているのでぜひ見てください」という本作について山口監督は「シリーズを通じてウシジマはお金との向き合い方がこれでいいですか、という確認をする警告者ですが、ファイナルではお金では買えない大事なことがあるという思いを込めました。最も過激でハードな作品になっています」とPR。

 さらに、山田も参加した丑嶋たちの子役オーディション秘話や、実写版「闇金ウシジマくん」の全シリーズに使用された丑嶋愛用のメガネを賭けたメガネ重量当てクイズ大会など、“ファイナル”にふさわしいイベントとなった。

 映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」は10月22日(土)より全国公開。

©2016真鍋昌平・小学館/映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」製作委員会

「闇金ウシジマくん」歴代キャストからのコメント

◆片瀬那奈(ドラマSeason1と映画Part1に出演)
社長、柄崎さん、高田さん、お久しぶりです。千秋役の片瀬那奈でございます。
初代イメージキャンペーンガールとして……じゃないですね(笑)、大学を出まして新卒で(カウカウファイナンスに)入らせていただきました。それからは、静かにやっております。映画の(Part1の)時もですね、少しだけお世話になったというか、すこし協力をしたというか、その後は全くお声がかからなくなりました……非常に寂しく思っています(苦笑)。もう何かありましたらすぐ!と思ったんですけど、終わっちゃうんですもんね。
ほんとに皆さんお疲れさまでした。私が出演した時はドラマが放送された6年前ですね。その時は、私は津軽弁が得意(という設定)で、東京出身なんですけど(笑)、山口監督と何かちょっと面白いことをしたいねということで、津軽弁をちょいちょい、ちょっとテンションが上がった時とかちょっと怒ったときに出るという役で、津軽弁をしゃべったりしていました。あのときはほんとに朝から晩まで撮影をしていて。新木場でしたね、撮影が。夜中まで撮影していたのがすごく記憶にあります。
皆さん、ほんとに、ほんとに長い間お疲れさまでした。たくさんの人と戦いましたね。なのでこれからは、もうしっかり普通の男の子に戻って下さい。
ほんとにお疲れさまでした。

◆林遣都(映画Part1に出演)
こんばんは。林遣都です。
孝之くん、やべさん、崎本さん、そして山口監督、お久しぶりです。
僕は闇金ウシジマくん映画版Part1でお世話になりました。
今回、「ウシジマくん ザ・ファイナル」ということで、完成おめでとうございます。
そしてお疲れさまでした。
Part1をやった時に孝之くんが「ウシジマを作るのはやっぱり体格からなにから結構大変だ」って仰っていて、「そんなにもうやらないんじゃないか」ということを仰っていたのをうっすら覚えてるんですけれども……間違っていたらすいません。
だから僕はPart1でラストだと思っていたら、とんとん拍子に2、3、ファイナルといって、(続編では登場しないので)すごく寂しい気持ちでずっといました。
でもファイナルまでちゃんと観ようと思うので、楽しみです。
闇金ウシジマくんは、原作も内容が結構ディープと言うか、激しいというか、それに加えてやっぱり山口監督の現場もなかなか刺激的で、ここまでやっちゃうの?ってことを、やっちゃえ!みたいな空気があって、それがすごく印象に残っています。
撮影も相当大変だったと思います。本当に6年間お疲れさまでした。

◆柳楽優弥(映画Part2に出演)
こんにちは。みなさま6年間お疲れさまです。
ウシジマ社長、柄崎さん、高田さん、僕のこと憶えていますか?
僕は、Part2でストーリーとは全く関係ないところで(門脇)麦ちゃんをストーカーしている蝦沼(エビヌマ)という役をやらせていただきました(「関係あるよ!」と山田らツッコミ)。
やっぱり観られている方も多くて、「すごく変わった役だったね」っていう感想がとっても多かったです。ポジティブな意味で、参加できたことをとても嬉しく思っています。
(続編のPart3とザ・ファイナルが)錚々たるキャストで、ニュースをいつも見させていただいています。僕も劇場に足を運びたいと思っています。
とにかく6年間……無事に有終の美を飾ったってことになるんですか、山田さん?(と耳を傾ける仕草と間)
お疲れさまです!

◆門脇麦(映画Part2に出演)
山口監督、そしてカウカウファイナンスの皆さん、お久しぶりです。
ご無沙汰しております。藤枝彩香役をやりました門脇麦です。
撮影は3~4年前だったと思うんですけど、その頃私は仕事をまだ始めたばかりで、本当に一番自分に自信がない時期だったと思うんですけれども、才能が無いなと思って、この役者という仕事が自分に向いてないとずっと思い続けていた時に、まさにウシジマくんの撮影だったので、一番自信が無い時期のそのまんまの自分が切り取られていて、今見るととても愛おしくも感じますし、その部分をちゃんと見て残してくださった山口監督には本当に感謝していますし、非常に自分にとって印象深い作品です。
シリーズ最後の結末篇ということで、6年間本当にお疲れさまでした。
日本でこれだけシリーズが続いていて、ファンの方もたくさんいるっていうのは本当に貴重だと思いますし、それだけ皆さんの愛情だったり、それから作品へのファンの方の愛情だったりが、紡いできた6年間だったのだろうなと思います。
本当にお疲れさまでした。

◆窪田正孝(映画Part2に出演)
山田さん、皆さん、お久しぶりです。
映画Part2で神咲麗役をやらせていただきました窪田正孝です。
数年前に初めてウシジマくんの世界に触れてご一緒させていただいて、Part1もすごく見させてもらって、監督の描くウシジマくんの世界観が、会社の先輩である孝之くんを通してすごく感じられたんですよね。
はじめてのホスト役だったので、難しいところだったり、戸惑いもあったんですけれども、演出の部分ですごく助けてもらったのと、あとやっぱり、山田さんが長くウシジマくんという役をやられてきて、その静かだけれども何かあったときに猛獣のような、怖さと言うか、それをすごく、眼鏡越しに感じていて、また先輩とお芝居をご一緒させてもらう機会をあの時期にいただけたことが、すごく今の自分に繋がっているなっていうのは、本当に感じています。山田さん、本当にウシジマくん6年間お疲れさまでした。
たくさんの方に愛されるウシジマくんだと思いますので、僕も一ファンとして、楽しみに見させていただきます。
たくさんの方に、もっともっとこのウシジマくんが広まりますように、陰ながらファンとして応援させていただきます。
本当に、本当に6年間お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

◆菅田将暉(映画Part2に出演)
闇金ウシジマくんファイナル!
見る度に洗練され、ある種変わらないことが美しいが故に、共演するとデカい壁に一人でボールを打ち続けるような虚しさを感じさせるウシジマくんを演じ続けた山田孝之さん! そして相変わらず現場では台詞を変えまくり、役者泣かせの山口監督!
長い間、本当にお疲れさまでした! 有終の美を飾っちゃって下さい。
追伸:僕が演じたマサルはまだ死んでないですからね♥

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える