• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

JYJ ユチョン主演『屋根部屋のプリンス』2月WOWOWに登場

 2012年3~5月に韓国で放送された、JYJのユチョン主演のファンタジーラブコメディ『屋根部屋のプリンス』が2月にWOWOWプライムに登場する。

 韓国だけでなく、日本、台湾、中国をはじめとするアジア各国でも爆発的な人気を誇るJYJ。その3人は、歌だけでなく、ミュージカル、映画、ドラマなどのそれぞれのソロ活動も常に注目されており、ファンたちは日本での活動も首を長くして待っている。

 そんな中、WOWOWプライムがその期待に応え、ユチョン主演のラブコメ『屋根部屋のプリンス』を2月20日(水)後8・30から放送する(毎週2話ずつ放送。第1話無料放送。全20話)。

 ユチョンは、2010年に『成均館☆スキャンダル』でドラマデビューし、そのスマートな容姿とルックス、まじめで無骨な役どころが視聴者を胸キュンにさせ大ヒット。翌年の2作目となる『ミス・リプリー』ではダークでクールな真逆な役どころで注目を浴びた。

 そして、宮廷衣装に現代のジャージを組み合わせ、韓国中でも話題となったファッションスタイルでメインを通す本作『屋根部屋~』で、ツンデレキャラを熱演。ラブコメファンをくぎ付けにした。現代と300年前の朝鮮王朝とのギャップであれこれ戸惑うユチョンと、臣下を演じる3人のイケメンにもドキドキ。お楽しみに。

<ストーリー>
 朝鮮時代、大監の娘・ファヨン(チョン・ユミ)は、嬪宮(ピングン)になるはずだった心優しい妹・プヨン(ハン・ジミン)の顔にやけどを負わせ、代わりにその座につく。 数年後、宮中で嬪宮ファヨンの死体が見つかる。愛妻の死を何者かの陰謀によるものだと考えた世子(セジャ)イ・ガク(パク・ユチョン)は、3人の臣下とともに捜査を開始するのだが、謎の集団に襲われ崖下に転落してしまう。 300年後の現代。韓国の大企業の後継者、ヨン・テヨン(パク・ユチョン、2役)は、留学先のアメリカでパク・ハ(ハン・ジミン、2役)に出会い一目惚れする。そんなハのもとに、幼いころ離れ離れになった家族が韓国で見つかったとの知らせが。彼女はソウルに戻り、義姉ホン・セナ(チョン・ユミ、2役)らと再会する。ある日、ハが自分の住む屋根部屋に入ると、光に包まれた世子(セジャ)ガクら4人の姿があった。

※世子(セジャ):王位継承者
※嬪宮(ピングン):世子の妃

<スタッフ・キャスト>
脚本:イ・ヒミョン
演出:シン・ユンソプ
出演:パク・ユチョン(イ・ガク、ヨン・テヨン 2役)、ハン・ジミン(プヨン、パク・ハ 2役)、イ・テソン(ヨン・テム)、チョン・ユミ(ファヨン、ホン・セナ 2役)、チョン・ソグォン(ウ・ヨンスル)、イ・ミンホ(ソン・マンボ)、チェ・ウシク(ト・チサン)

 
「ユチョン主演『屋根部屋のプリンス』を放送!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!」
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える