• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「終始ニヤけていた」要潤がシュールな深夜ドラマに主演『実況される男』10・14から全11回放送

要潤主演『実況される男』 要潤主演の深夜ドラマ『実況される男』が、フジテレビで10月14日(金)から12月23日(金)まで全11回に渡って放送される。

 本作は、JRA(日本中央競馬会)協力の深夜ドラマ。昨年全12回で放送された競馬ラブコメディー『馬子先輩の言う通り』(主演:大野いと)以来、2度目の放送と
なる。

『実況される男』の主人公・ウマオを演じるのは要潤。不定期に放送されているネット番組『府中で一番落ち込んでいる人TV』。タイトルのとおり、府中の街で「今、一番落ち込んでいると思われる人」を探し出し、そのターゲットをこっそり追いかけながら実況していく番組。その日、番組は東京競馬場でターゲットとなる男を探していた。そこに現れたのは、信じられないくらい大号泣しているウマオ(要潤)。「きっと男は馬券を外し、大金を失って泣いているのでしょう」、そう予想する実況と解説。しかし、ウマオの手には当たり馬券が握られていた…。

 がぜん、興味を持った番組は、ウマオをターゲットにして、こっそりと後をつけることに。そのカメラの前で、突然ウマオは何度も自殺を試みる。しかし、なかなか目的を果たすことができない。そんなウマオの前に、謎の女性(藤井美菜)が現れる。なかなか死ねないウマオに対して、謎の女は「一緒に死んでもらえませんか?」と衝撃のひと言を放つ…。

 想定外の展開の連続に、ネット番組『府中で一番落ち込んでいる人TV』の実況と解説は大いに盛り上がり、アクセス数も急上昇。ウマオはなぜ死にたがっているのか? 謎の女の目的は? そして、このウマオという男は一体何者なのか?

 要潤は、台本を読んだ感想について「今までに経験したことのないドラマの構成に驚き、シュールでコミカルな内容に終始ニヤけていました。この世界観の中で演技をしてみたいと思いました」と。

 演じるウマオについては「謎に包まれた役です。恐らくこういう役だと表現するのが難しく、逆に表現してしまわないほうがウマオになれるのではないかと思っています」と語った。

 自身の競馬エピソードを聞かれると「先日の安田記念の日、待ち時間に共演者のみんなで盛り上がって馬券を買いました。中継は残念ながら見られませんでしたが、レース時刻になると、それまで雲がかっていた空が晴れ、遠くに富士山まで見えてきて、まさか! と思ったら見事に3連単をゲットできていました。それ以来、当たっていませんが(笑)」と話し、「遅い時間での放送ですので、肩ひじ張らずにリラックスしてご覧ください」とファンに向けてメッセージを送った。

『実況される男』
フジテレビ
10月14日(金)スタート深夜24時55分~24時15分
※初回のみ、深夜25時15分~25時35分

出演:要潤、藤井美菜 ほか

主題歌:「BLANK-DUNK」 by PE’Z

脚本:岡田道尚、久馬 歩(ザ・プラン9)
企画:赤池洋文
プロデューサー:栁川由起子(共同テレビ)
演出:松木創、北坊信一、紙谷楓
協力:JRA
制作著作:フジテレビ
制作協力:共同テレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える