• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

長澤まさみが俳優・櫻井翔を絶賛「何でもできる稀有な存在」フジ新春ドラマ『キミに捧げるエンブレム』で初共演

『キミに捧げるエンブレム』 櫻井翔主演で来春放送される新春ドラマ『キミに捧げるエンブレム』(フジテレビ系)に長澤まさみが出演することが決まった。

 本作は、車椅子バスケ日本代表選手として世界を目指した実在の人物をモデルに描くヒューマン・ラブストーリー。将来を有望視されたJリーガーが不慮の事故で命の次に大事な脚を失うも、車椅子バスケという新たなスポーツに出会い、不屈の闘志でそのプライドと人生をかけて戦う物語だ。

 長澤は、櫻井演じる主人公・鷹匠和也の大きな希望であり、支えとなる婚約相手のヒロイン仲川未希を演じる。櫻井と長澤はこれが初共演、初タッグとなる。

 長澤は「こういう身体的な障害がある方のお話をドラマで演じるのは初めてに近いので、複雑な思いとか、心情を表現するのが難しそうだなと思いました。でも、台本を読んでいると、主人公の鷹匠さんの前向きな姿がとてもまぶしく、そんな太陽みたいな人を支えていく女性、力強く生きている女性を演じられることが楽しみですし、うれしかったです」と。

 自身が演じる役柄については「私が演じる仲川未希は、すごく男らしい女性なんです。“献身的な愛”というと、優しくて柔らかい女性のイメージがあるのですが、彼女の“献身的な愛”の姿は、熱血教師みたいにパワフルな感情がすぐ表に出てしまう“熱い優しさ”で、そこが印象的です。私も父親がサッカー選手だったので、スポーツに携わる人の“熱さ”を子供の頃から見ていたため、とても共感を覚えました。そんな力強さを演じたいと思っています」と語った。

 また、初共演となる櫻井については「とても柔らかくて寛容な方だと思います。ぶつかっていったら受け止めてくれる、人に威圧感を全く与えない方で、初日からリラックスして臨めました。常にフラットな状態でいらっしゃって、それでいて何でもできる、稀有な存在です。先程、お互いに感情が爆発するシーンを撮影したのですが、お芝居的に引っ張っていってくださり、その反面、こちらの感情にも応えてくれて、両方のお芝居のアプローチを持っている方だなと思いました」と印象を語った。

 最後に視聴者に向けて「すごく感動的なお話だと思います。ですが、悲しみを共感してもらいたいという作品ではなく、自分の好きなこと、自分の使命をまっとうすることの素晴らしさを描いています。自分の人生を成し遂げるということは、自分と向き合うことであり、継続することだ、と。感情的にも、自分の置かれている状況的にも、“続けることは何かになる”ということをぜひ感じてもらいたいと思います」とメッセージを送った。

 『キミに捧げるエンブレム』はフジテレビ系で2017年新春放送。

<物語>
 主人公の鷹匠和也(たかじょう・かずや、櫻井翔)は幼少の頃から注目を浴びてきた天才サッカー選手。Jリーグに入団し、23歳で念願のサッカー日本A代表にも選ばれ、自慢の婚約者・仲川未希(なかがわ・みき、長澤まさみ)との新居も構え、まさに順風満帆、栄光の人生をその足でひた走ってきた。ところが、結婚式の衣装合わせを控えたある日、和也は事故にあい、脊髄を損傷する大怪我をおってしまう。立てない、歩けない、一生を車椅子で過ごさなければいけない…。「この2本の脚さえあればオレはどこでだって生きていける」そう思ってやまなかった和也につきつけられた過酷な現実。人生そのものを失ったに等しい絶望のどん底にいた彼に、未希が差し出したのは婚姻届だった…。
 以前と変わらぬ態度で接する未希に支えられ、驚異的なスピードでリハビリを克服していく和也。だが、結婚に反対する双方の家族、世間のあわれみの目、何より弱者になってしまったことを受け入れざるを得ない自分自身…、サッカーに代わるものなど見つけられず、先の見えない人生に、なすすべもなくいら立つことしかできずにいた。
 そんなある日、リハビリセンターの体育館で、偶然、車椅子バスケを目撃する和也。激しいボール、床をこするタイヤの焦げた匂い、戦車のような車椅子、ぶつかりあう屈強な男たち。そして、その熱気…。吸い込まれるように見入っていた和也の手に、「やってみますか?」と一つのボールが手渡される。
 「妻に誇れる男でありたい。生まれてくる子に誇れる父でありたい。自分に誇れる人生を歩みたい」。パラリンピック日本代表選手を目指す和也の新たな挑戦が始まった…。

新春大型ドラマ『君に捧げるエンブレム』
フジテレビ系
2017年新春放送

<出演者>
櫻井 翔
長澤まさみ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える