• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

島崎遥香主演『警視庁 ナシゴレン課』10・17スタート!初回は“ワカメ風呂殺人事件”

『警視庁 ナシゴレン課』 AKB48を年内いっぱいで卒業することを発表した島崎遥香主演の連続ドラマ『警視庁 ナシゴレン課』(テレビ朝日(月)深0・15)が、10月17日よりスタートする。

 風早恭子(島崎)率いる“警視庁ナシゴレン課”を舞台にしたワンシチュエーションコメディ。弱冠25歳ながら、ナシゴレン課のデカ長を務める恭子。自由奔放で高飛車な彼女は、足を使った地味な捜査は一切せず、卓越した洞察力と推理力を駆使して、刑事部屋のみで難事件を解決していく。企画・原作はAKB48グループ総合プロデューサーの秋元康が担当。島崎は刑事役初挑戦となる。また、脇を固める共演陣には古田新太、波岡一喜、猫背椿、越村公一、中山麻聖、そして勝村政信と実力派が集結。恭子の部下にして、個性的すぎるナシゴレン課メンバーをユーモアたっぷりに演じる。

 第1話では、ラブホテルの浴槽でワカメまみれの男性の死体が見つかるという奇怪な事件が発生。第一発見者のホテル従業員・森野晶(金谷マサヨシ)は一見、おばさんのように見える奇妙なおじさん=“おばおじ”だった。恭子や伊吹暁彦(勝村)たちが推理を巡らせていると、25年の交番勤務を経て念願の刑事となった中年新人デカ・石鍋幹太(古田)が配属されてきて…。

 なお、ドラマは放送直後より、auの動画配信サービス「ビデオパス」と「テレ朝動画」にて配信される。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える