• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

元キマグレン・クレイ勇輝が『しくじり先生』で借金2億円の過去を猛反省

『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル』 元キマグレンのクレイ勇輝が、10月31日(月)に放送されるテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル』(後7・00)に出演。“ポジティブバカで借金2億円のしくじり社長”だった過去を告白し、“行き過ぎたポジティブ思考で周りを巻き込み迷惑をかけないための授業”を行うことが分かった。

 クレイは2005年に地元の友人と「キマグレン」を結成。2008年には「LIFE」が大ヒットし、同年の『NHK紅白歌合戦』への出場も果たした。そんなクレイのもう1つの顔が“社長”。クレイはキマグレンとして活動する以前から、逗子海岸でアーティストのライブが楽しめる海の家「音霊」を運営。当時、ライブができる海の家というコンセプトは画期的で、2010年夏には4億円の売り上げを記録するほどの大盛況となり、クレイは一躍“逗子の顔”となった。

 しかし、海の家はさまざまな問題を巻き起こし、近隣住民からひんしゅくを買ってしまう。居場所を失い、逗子からの撤退を余儀なくされ、背負った借金は何と2億円。クレイはそんな事態を招いた背景として、自身がどんな状況でも常に「大丈夫でしょ!」とポジティブ思考で突っ走ってしまう“ポジティブなバカ”=“ポジバカ”だったと振り返る。

 授業では、クレイの“ポジバカ社長ぶり”がもたらした悲劇を紹介。さらに、ポジティブ思考がもてはやされる今の世の中に、自身のしくじりから得た教訓メッセージを送る。

<レギュラー出演>
担任:若林正恭(オードリー)
生徒:吉村崇(平成ノブシコブシ)

<しくじり先生>
クレイ勇輝ほか

<生徒>
あき竹城、朝比奈彩、澤部佑(ハライチ)、関根勤、舟山久美子、山崎樹範ほか(50音順)

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真