• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

上白石萌音が奥華子と『時かけ』挿入歌「変わらないもの」をセッション

上白石萌音 大ヒット映画「君の名は。」でヒロイン・宮水三葉役を演じた女優の上白石萌音が、奥華子と劇場版アニメ「時をかける少女」の挿入歌「変わらないもの」をラジオでセッションしたことが分かった。

 上白石は、自身のデビューミニアルバム「chouchou」に同楽曲のカバーを収録したことが縁で、TOKYO FMで放送中の奥華子のレギュラーラジオ番組『MAST presents 奥華子Room No.875』にゲスト出演。そこで奥からの突然の提案で、2人のセッションが実現した。

 2人のセッションは、初対面とは感じさせないくらい息がぴったり。奥は「初めてお会いした瞬間、柔らかな空気に包まれていて、笑顔が真っすぐで魅力的な人だなぁと思いました」と上白石の印象を語り、「私の曲を弾き語りでカバーしてくださっていて、ラジオ番組の中で突然セッションをお願いしたら、快く受けてくださって本当に楽しかったです」と振り返った。

 上白石のゲスト出演回は、10月15日と22日の2週にわたって放送される。

『MAST presents 奥華子Room No.875』
TOKYO FM
10月15日&22日(土)19:30~

番組HP:http://www.tfm.co.jp/875/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える