• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中島裕翔主演『HOPE~』の元ネタドラマでもおなじみ、イム・シワン出演作が連続公開!

「戦場のメロディ」©2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD.All Right Reserved.

「戦場のメロディ」©2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD.All Right Reserved.

 韓国で“最も成功した演技ドル”と評価の高いZE:A(ゼア)のイム・シワンの初主演作を含めた出演2作品が連続で公開される。

 中島裕翔主演『HOPE~期待ゼロの新入社員~』の基になったドラマで、名だたるドラマ賞を総なめにし、“ミセンシンドローム”と呼ばれる社会現象を巻き起こした大ヒットドラマ『ミセン-未生-』の主役を務めたイム・シワン。

 そんなイム・シワンの映画初主演作「戦場のメロディ」が10月29日(土)より公開。朝鮮戦争まっただ中、すべてを失った子供たちによる「児童合唱団」のピュアな歌声が人々の心を癒していく真実の感動作だ。

 本作でイム・シワンは戦争孤児を集めて結成した児童合唱団を指揮する少尉イム・サンヨルを熱演。ピアノ演奏や指揮者にも初挑戦し、過酷な戦闘アクションから涙を誘う繊細な感情表現までを確かな演技力で表現する。監督のイ・ハンは「このまま初心を忘れず進んでいけば、恐ろしい俳優になる」と、その演技力に太鼓判を押している。

 2本目は、韓国で観客動員数1100万人突破の社会派映画「弁護人」(11月、新宿シネマカリテほか全国にて公開)。韓国が世界に誇る国民的俳優ソン・ガンホ主演で、弁護士時代の故ノ・ムヒョン元大統領が弁護を担当し、政治家転身のきっかけとなった冤罪事件「プリム事件」をモチーフに、国家に戦いを挑んだ一人の弁護士の奮闘を描く。イム・シワンは国家保安法違反容疑で逮捕されたクッパ店の息子ジヌを好演。

 本作が映画初出演の彼についてソン・ガンホも「これからが期待できる素晴らしい素質をもった俳優、役者だと思います」と大絶賛している。

 アイドルとしての人気もさることながら、確固たる演技力で役者としての道も切り開いているイム・シワン。初の主演映画「戦場のメロディ」は、10月29日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える