• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

初回20%超え!『ドクターX』第2話は未知子VS日本で一番貧しい村長&日本で一番黒い疑惑を持つ国会議員

『ドクターX~外科医・大門未知子~』 初回の視聴率が20・4%(関東地区)を記録し、今年の民放連ドラ1位というロケットスタートを切った米倉涼子主演『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系(木)後9・00)。注目の第2話は、10月20日に15分拡大して放送される。

『ドクターX~外科医・大門未知子~』は、米倉演じる天才フリーランス外科医の大門未知子が金と欲にまみれた病院組織にメスを入れ、患者の命を救うことを第一にまい進する姿を描いた大ヒットシリーズ。

 連ドラは2年ぶりの第4弾で、国内最高峰の大学病院として君臨しながらもしながらもさまざまな隠ぺい行為や医療ミス、派閥闘争などで評判がガタ落ちした「東帝大学病院」が舞台。医療の本質を見失って「病院の格付け」に躍起になる“白い巨塔”に、未知子が立ち向かう。共演は生瀬勝久、内田有紀、勝村政信、滝藤賢一、草刈民代、田中道子、岸部一徳、吉田鋼太郎、泉ピン子、西田敏行ら。

 第2話では、病院長の蛭間(西田)が富裕層に特化したブランド戦略を打ち出す。その言葉に従い、内科部長の黄川田(生瀬)は見るからに貧しそうな二岡(山本圭)には転院を勧め、検査のため極秘入院してきた国会議員の金本(西岡德馬)には打って変わって手厚く対応。ところがその直後、政治資金をめぐる金本の黒い噂が発覚する。

 そんな中、未知子(米倉)は二岡がすぐに手術をしなければ死にいたると診断。しかし、二岡は手術を拒否し、妻の千代子(星由里子)とともに帰ろうとする。副院長の東子(泉)は二岡が全国市町村幸福度ランキング1位に輝いた虹川村の長で、“日本で一番貧しい村長”として注目を集める人物だと知り、未知子を利用しようと…!?

 なお、第2話放送当日の10月20日後2・59からは、第1話が再放送される(関東地区)。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える