• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

吉沢亮が坊主に!? 奇想天外&抱腹絶倒の仏教的青春学園ドラマ『ぶっせん』撮影中

坊主姿を披露した主演の吉沢亮(C)2013「ぶっせん」製作委員会

 仏教専門学校を舞台にした学園コメディドラマ『ぶっせん』と、同タイトルの舞台の製作が決定した。

『ぶっせん』は、貧乏寺が資金繰りのために開いた仏教専門学校を舞台に、座禅や荒行、托鉢、精進料理などの寺生活と、女人禁制、男だらけの中で若者ならではの欲求を描いた抱腹絶倒の青春ドラマ。

 文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した女性漫画家・三宅乱丈が1999年~2001年まで講談社「モーニング」で連載した伝説的漫画の初の映像化&舞台化となる。

 主役の新人坊主・田村正助を演じるのは、これがドラマ&舞台初主演となる吉沢亮。『仮面ライダーフォーゼ』などで見せていたクールな姿とは一転、天然ドジ坊主として魅力を発揮。共演にも若手イケメン俳優が続々登場予定だという。

 吉沢亮は「今回僕が演じるのは本当に20歳?ってくらいに純粋で天然な寺の見習い僧です。ドラマ、舞台ともに初主演で今までにないくらいプレッシャーや不安がありますが、監督、スタッフの皆さん、他のキャストのみなさんと支え合いながら、見てくださる方々の腹筋が崩壊するくらい笑える作品にしたいです。坊主頭の男たちの笑いあり涙ありの青春ストーリーという、かなりシュールな今まで観たことのない作品なので、ぜひお楽しみに」とコメント。

 原作者の三宅乱丈はドラマ化について「すごく楽しみです。札幌でも放送してください!」と要望を出しつつ、「吉沢さんは、お会いしたときにとても光っていて、本体がよく見えませんでした。きっとすてきな正助になると思います」と期待を寄せている。

 また、ドラマ版と同じキャストが福原充則の脚本・演出で送る舞台「ぶっせん」は、ドラマの続編にあたるストーリーで、11月6日(水)~11月17日(日)に赤坂ACTシアターにて上演(全15公演)。

 ドラマ『ぶっせん』(毎週(火)深夜2・29~)は、7月16日から放送開始。脚本は渡辺啓、監督は堀英樹。

『ぶっせん』公式サイト(bussen.jp)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える