• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

秋元才加が「毎日がスプリング・ブレイカーズ」なあやまんJAPANと水着姿でトーク!

映画「スプリング・ブレイカーズ」の試写会に登場した秋元才加&あやまんJAPAN(あやまん監督は舞台出演のため欠席)

 映画「スプリング・ブレイカーズ」の試写会が6月13日(木)、東京・シネマート六本木で行われ、AKB48の秋元才加と、あやまんJAPANのルーキタエ、サムギョプサル和田、めんそ~れ愛菜、たまたまこが映画同様水着姿で登壇した。

「スプリング・ブレイカーズ」は、刺激を求める女の子たちのリアルな姿をポップ&スタイリッシュに描いた映画。正統派アイドルたちが全編セクシーな水着姿で熱演し、ヴェネチア国際映画祭はじめ各国で称賛を浴びている。

 秋元は「映像がすごく綺麗で圧倒されます。内容も刺激的ですが、普段は可愛い女性を演じている女優さんが意外な一面を見せて、強い女性像と魅力的なキャラクターを見せています」と映画を紹介。

 いっぽう、「毎日がこの映画みたいなもの」だというルーキタエは、「ファッションもよくてミュージックビデオを見ているような映像美。過激でハードなことをかわいい女優さんたちがやっているってところは、あやまんJAPANに似ているなと思いました」と我田引水で笑いを取った。

 セレーナ・ゴメスとヴァネッサ・ハジェンズら正統派アイドルがバッドガールを演じるところ見どころの本作。同じように弾けた経験があるか聞かれた秋元は「メンバーに年下の子が多く、どうしてもお姉さんキャラになってしまうので、年下の子たちが話しかけやすいようにナチュラルにすることを心がけてます」と語り、「でも実は派手好きなので海外に行ったときは派手な格好で露出が多くなります。普段日本でそんな格好をすると怖がられちゃうので、AKB48の中ではスプリング・ブレイカーズのようなおしゃれキャラになれないかな」とコメント。

 囲み取材では、先日指原莉乃が1位となったAKB総選挙で卒業を発表した篠田麻里子について問われ、「私も卒業するので忘れないでください(笑)。卒業するメンバーも多くなってきましたが、今後のAKB48の動向に注目しつつ、卒業後のメンバーのことも応援していただけるとうれしいです」と。

 さらに今後の展望について、「この「スプリング・ブレイカーズ」の女優さんみたいに、『アイドルがこんなことやるんだ!』と言われるような、今までのイメージを払拭する役に体当たりしていろんな顔を見せ、いい意味で裏切っていきたいです。例えば、殺人鬼とか娼婦とか!
夢は大きく、樹木希林さんです!」と宣言。

 最後に映画について、「自分の殻を破っていく女の子たちの姿が自分に重なる部分もありました。夏に盛り上がる、みんなでワイワイ見られる映画です」(秋元)、「服装とかネイルがとにかく可愛くて、真似したくなります!仲間とか男の子も誘って、お酒呑みながら観たら最高なんじゃないですか?!」(あやまんJAPAN)とそれぞれPR。

 映画「スプリング・ブレイカーズ」は6月15日(土)公開。

「スプリング・ブレイカーズ」公式サイト(http://www.springbreakers.jp)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える