• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

行定勲がロマンポルノに挑んだ映画『ジムノペディに乱れる』ポスター&予告編解禁

『ジムノペディに乱れる』 行定勲監督が、28年ぶりに復活するロマンポルノに挑んだ最新作『ジムノペディに乱れる』のポスタービジュアルと予告編が解禁された。

 本作は、2016年で製作開始から45周年を迎える日活ロマンポルノリブートプロジェクトの一環で製作。行定勲監督のほか、塩田明彦監督、白石和彌監督、園子温監督、中田秀夫監督らが、完全オリジナルの新作を28年ぶりに撮りおろす。

 主演は、俳優としてさまざまな作品に出演している芸人・板尾創路。映画監督としても2本の作品を手掛け注目される板尾が、全てを失い自暴自棄になっている映画監督の男・古谷を演じる。

 古谷を惑わすヒロイン・結花には、新進気鋭の女優・芦那すみれ。これまではBOMI名義でミュージシャンとして活動しており、本作が本格的な映画デビュー作となる。

 もうひとりのヒロイン・安里には、注目の若手女優・岡村いずみ。慶応義塾大学を卒業した才女で、non-noの専属モデルを経て、現在女優として活している。

 2人は本作で初めて濡れ場に挑戦し、美しく官能的なラブシーンを披露している。板尾創路演じる古谷が、ヒロイン2人をはじめ、田山由起、田嶋真弓、木嶋のりこ、西野翔らが演じるさまざまな年齢層の女性たちと官能的に乱れる姿も必見だ。さらに、ロマンポルノを代表する女優・風祭ゆきもカメオ出演している。今年、生誕150年を迎えたエリック・サティの名曲「ジムノペディ」の調べにのせ、ラブストーリーの名手・行定監督が、切なく不器用な大人の愛を官能的に描いている。

 解禁された予告編には、板尾演じる古谷が、女たちの肌のぬくもりに助けられながら、失った何かを探し求める姿が描かれており、古谷をとりまく女たちとの官能的なシーンを想起させる映像がちりばめられている。

行定勲監督『ジムノペディに乱れる』予告編

映画『ジムノペディに乱れる』
11月26日(土)より新宿武蔵野館ほか順次公開

<キャスト>
板尾創路
芦那すみれ 岡村いずみ 田山由起 田嶋真弓 木嶋のりこ 西野翔/風祭ゆき

<スタッフ>
監督:行定勲
脚本:行定勲・堀泉杏
音楽:めいなCo.

©2016 日活

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える