• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

YOSHIKI、全身びしょ濡れのドラム&即興ピアノショーで新作着物を発表!

82170_01_r X JAPANのYOSHIKIが日本の伝統文化であるKIMONOを世界に向けて発信するために手掛けるキモノブランド「YOSHIKIMONO」が、10月17日(月)~23日(日)に開催する「Amazon Fashion Week TOKYO 2017 春夏」のスペシャルプログラムとして初日のオープニングステージに華々しく登場した。

 「YOSHIKIMONO」は、呉服屋の長男として育ったYOSHIKIが、“伝統と革新の融合”をテーマに立ち上げたキモノブランド。昨年10月に開催された「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2016 S/S」にて本格的なコレクションデビューを果たし、その斬新な演出とYOSHIKIが提案する独創的なKIMONOが世界中のメディアで取り上げられ、大きな話題を集めた。

 鮮烈なコレクションデビューから1年。YOSHIKIは即興のピアノ演奏と、降りしきる雨に打たれながのドラムプレイというスケールアップした演出で“静”と”動”の相反する世界観を表現しながら、全21の新作コレクションが発表された。

 ステージ終了後、囲み取材に応じたYOSHIKIは「今の時代、着物の業界自体が縮小している中で、今の人たちに着物をどう興味を持ってもらうか。このショーは多少の賛否両論があると思いますが、自分としてはいいんじゃないかなと思っています」とコメント。また、雨を降らす演出については「意外と涼しくて気持ちよかったです。ぶっつけ本番だったので、どれだけ降るかと思っていたらあんなにいっぱい降るとは思わなくて。もう少し小雨にしてくれればよかったのに、大雨でしたね(笑)」と柔らかな笑みを浮かべていた。

「Amazon Fashion Week TOKYO 2017 春夏」で発表したコレクションは、10月29日(土)、30日(日)、31日(月)に開催される展示受注会にて注文開始。展示会参加にはYOSHIKIMONO公式サイト(http://www.yoshikimono.com/)からの申し込みが必要となる。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える