• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「メン・イン・キャット」より、ニャんともいえないキュートな場面写真が解禁

「メン・イン・キャット」©2016 - EUROPACORP - All rights reserved

「メン・イン・キャット」©2016 – EUROPACORP – All rights reserved

 バリー・ソネンフェルド監督、ケヴィン・スペイシー主演の映画「メン・イン・キャット」が11月25日(金)より全国公開。ネコ(になったパパ:ケヴィン・スペイシー)と娘(マリーナ・ワイズマン)の劇中場面写真が解禁された。

 仕事一筋の傲慢社長トムが、娘の誕生日プレゼントに苦手なネコを買った帰りにビルから転落。瀕死のトムの意識がネコの体に移ってしまう。その後、トムはペットとして家族の一員になり、今まで顧みなかった家族の大切さに気づいていくハートフルコメディ。

 仕事人間の頑固親父トム、そして見た目はキュートで中身はおっさんのネコを演じるのはケヴィン・スペイシー。「ユージュアル・サスペクツ」「アメリカン・ビューティー」でアカデミー賞を2度受賞し、カメレオン俳優の異名を持つ多才な演技力で、本作では唯一無二のネコ役を熱演する。

 そんなネコを健気に世話するトムの娘役には「ミュータント・タートルズ」で幼いころのエイプリルを演じたマリーナ・ワイズマン。監督は、大ヒット映画「メン・イン・ブラック」シリーズで知られるバリー・ソネンフェルドが務める。

 解禁された場面写真では、“されるがまま”といった様子の絶妙な顔で娘にシャンプーされるネコ(パパ)や、娘にぎゅーっと抱っこされ、ご満悦な顔のネコ(パパ)など、社長の威厳はどこへやらの愛らしい2ショット。

「ペット」より可愛く「テッド」より笑える爆笑ニャンだふるコメディ「メン・イン・キャット」は、11月25日(金)から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。

「メン・イン・キャット」
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:ケヴィン・スペイシー
ジェニファー・ガーナー
クリストファー・ウォーケン ほか
提供:アスミック・エース、カルチュア・パブリッシャーズ
配給:アスミック・エース
上映時間:87分

公式HP(http://mic.asmik-ace.co.jp/)

©2016 – EUROPACORP – All rights reserved

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真