• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

モト冬樹がニコラス・ケイジを完コピ!最新作『ペイ・ザ・ゴースト』予告映像&ポスターで本人に成り切る

『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』 ニコラス・ケイジ主演『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』が10月22日(土)より全国公開される。これを記念し、“和製ニコラス・ケイジ”こと、モト冬樹バージョンの特別予告映像&ポスターが公開された。

 本作は、ニコラス・ケイジ演じる大学教授のマイクが、ハロウィンの晩に謎のメッセージを残して失踪した息子を救うため、ゴーストとの壮絶バトルや頭脳戦を繰り広げる絶叫ハロウィン・エンターテインメント。

 ポスタービジュアルは、以前ニコラス・ケイジが来日した際に出演した番組がきっかけで、本人に嫌われてしまったというモト冬樹。そのエピソードにちなみ、「乗っかり続けろ、共演NGが消えるまで―」という衝撃の自虐キャッチコピーが添えられている。

 さらに、サブタイトル「ハロウィンの生贄」は「ハロウィンの生鬘」に、「ハロウィンの夜、子どもたちがさらわれる。父親がたどりついた恐怖の真相とは」も「ハロウィンの夜、子どもたちに笑われる。モトがたどりついた衝撃の真相とは」と書き換えられている。

 予告映像も一部、モト冬樹に差し替えられた特別バージョンが登場。映像中盤の「ニコラス・ケイジ主演最新作」というテロップが表示される場面で、モト冬樹がまさかの登場。行方不明になった息子チャーリーの捜索チラシを張り付けている姿は、角度から表情まで見事なシンクロ具合。特に後半では、ニコラス・ケイジを語るうえで外せない“困惑フェイス”も完コピしている。

 これまでも“和製ニコラス・ケイジ”として活躍してきたモト冬樹だが、ここまで大がかりな代役に挑戦するのは初めて。撮影時には、ニコラス版の本家予告を見ながら、入念に体の向きや振り向き方を確認し、真剣そのものでニコラス・ケイジに成り切った。

 ポスター・予告編の撮影を終えたモト冬樹は、「いやぁ、感想ねぇ…でもちょっとニコラス・ケイジになれたような錯覚があって、楽しかったですね!うん!」と、満足げにコメント。またニコラス・ケイジに似せる秘訣を問われると、「別に似せてるつもりはないんだけど(笑)、なんていうか最初から似てる?…と自分では思ってるんだけどね」と自信をのぞかせた。

『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』
10月22日(土)渋谷シネパレスほか全国順次ロードショー

監督:ウーリー・エデル(『ボディ/Body』原作:ティム・レボン”Pay The Ghost”)
出演:ニコラス・ケイジ(『ナショナル・トレジャー』)、サラ・ウェイン・キャリーズ(「ウォーキング・デッド」)、ヴェロニカ・フェレ(『クリムト』)

提供:ギャガ、松竹
配給:ギャガ・プラス

公式サイト:http://gaga.ne.jp/ghost/

©2015 PTG NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える