• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

アンジャッシュ渡部の月イチ美食旅に密着する新番組がスタート「ようやくたどり着いた!」

『渡部の歩き方』 アンジャッシュの渡部建が、動画配信サービス「Hulu」で自身の名を冠したグルメ番組『渡部の歩き方』(10月29日(土)より配信、以降は月1回不定期更新)をスタートさせることが分かった。

 数々のグルメ本を出版し、「芸能界№1グルメ王」「世界のワタベ」とも呼ばれる食通の渡部。ここ数年は多忙なスケジュールの合間を縫って月に一度は必ず休みを取り、日帰りもしくは一泊二日で日本列島47都道府県にある本当においしい店を訪ねるという。

 番組では、そんな渡部の“秘密の一人美食旅”に密着。撮影はディレクターと1対1のスタイルで、テレビを意識しない“食にドSモード”の渡部が「本当に美味い食のためなら、移動距離も値段も気にしない」「余計なテレビ的演出はしない」「面白い素人がいてもイジらない」という、昨今のテレビ業界とは完全に逆行した3つを信条に、心ゆくまで名店の味を楽しむ。

 渡部は「僕がこの番組でやることは、以前から本当にやりたかったこと。地上波のグルメ番組もとても楽しいしストレスはないんですけど、やっぱり値段や撮影時間の都合とかの制約があるんですよ。ここでは、そういうことを全く考えなくていい。“普段の渡部がやっていることをやっていいよ”と言われて、本当に喜びました。ようやくたどり着いた! という感じですね」と大感激。

 同じ食通のダチョウ倶楽部・寺門ジモンには「まだ話していません」と言い、「きっと番組スタート直後にあの人は電話をかけてきて、“いい番組が始まったなぁ”という言葉の後に3つぐらいのダメ出しを一気に語り始めると思います(笑)。“俺のやってる『取材拒否の店』と似てる”とか言い出しそうですが、それとは確実に一線を画するものにしますからね!(笑)」と強調した。

 さらに「この番組を見てもらうことで、日本中のうまいものが分かります。あとタイムマネージメントも行いますので、一日休みがあるときや気になる県ができたときなどにパッと見て、参考にしてもらえると思います。僕自身にとってもこの番組でやりたいことを存分にやって、いろんなことへのはけ口になればいいなと思いますね。ぜひ、楽しみにしていてください!」とPRしている。

 初回の舞台は、静岡。品川駅朝8時10分発の新幹線に乗って出発し、東京の名だたる食通も絶賛する天ぷら店へ向かう。また、Hulu視聴者限定の企画として、本編では紹介しきれない隠れ名店、名づけて『渡部の穴場』も配信される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える