• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「ほとんど泣いてます」高橋克典、“イクメン侍”の苦悩明かす

『子連れ信兵衛2』 11月11日(金)後8・00よりスタートするBS時代劇『子連れ信兵衛2』(BSプレミアム)の試写会に、高橋克典、小島梨里杏、黒谷友香が登壇。撮影秘話を語った。

 本作は、酒好きで腕の立つ浪人・信兵衛(高橋)が、慣れない赤ん坊の子育てに奮闘しながら市中の悪を成敗する痛快時代劇。昨秋に放送されたシリーズ第一弾が好評を博し、シリーズ2の制作に至った。

 前作に引き続き主演を務める高橋は、「時代劇、特に信兵衛にものすごくほれています。1つひとつのエピソードにほれて撮影に入りました」と作品への愛を熱弁。小島や黒谷も「信兵衛がすてき」と口をそろえていた。

 本作の見どころといえば、信兵衛の“イクメン侍”ぶり。しかし、赤ん坊・鶴之助との撮影は困難を極めたようで、高橋も「1歳を超えた鶴之助と撮影するのは本当にたいへん。今回ほとんど泣いてます(笑)」と苦笑い。その成長ぶりについては、「キャストやスタッフ全員であの手この手であやすんですが、鶴之助は“ここで大泣きすると(撮影を)やめせてくれる”と悪知恵がついてきて…」と語り、その意外な成長に驚いた様子だった。

 同じく前作に引き続いての出演となる小島は、「長屋の温かさや、人と人とのつながりなど、現代にないものが(この作品に)あると思いました。第一弾よりパワーアップしてるので、見てほしいです」と作品をアピール。主演の高橋については「(撮影で)不覚にもキュンとさせられて…」とぽつり。思わず高橋も「不覚じゃねえよな!(笑)」と思わずツッコミを入れていたが、小島は「思ってなかったところで、と言う意味です!」と素早く訂正。シリーズ2作目ということもあり、ここでも息のあったコンビネーションを見せていた。

 本作からシリーズに加わった黒谷は、女剣士・美玖役を好演。殺陣のシーンについて「克典さんとのやりとりでは、けががないようにってことを一番に考え、その中でどう戦ってるように見せられるか気をつけながらやりました。最後は、“いいよいいよ、来いよ”って(克典さんが)言ってくださったのが、飛び込んでいけた一番の秘けつです」と。高橋も「(黒谷は)殺陣がうまい。集中力がすごくて、やりやすったです」と互いの立ち回りを絶賛していた。

 BS時代劇『子連れ信兵衛2』は、BSプレミアムにて11月11日(金)後8・00よりスタート。

公式サイト:http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/kozure2/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える