• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ついに出た!「ふなばしアンデルセン公園」初の公式ガイドブック発売

『ふなばしアンデルセン公園 公式ガイドブック』 千葉県船橋市にある人気アミューズメントパーク「ふなばしアンデルセン公園」の初の公式ガイドブックが10月25日に発売される(書店店頭10月27日頃配本予定)。

「ふなばしアンデルセン公園」は前身の「ワンパク王国」の施設を拡張・整備し、1996年10月25日に開園したアミューズメントパーク。千葉県船橋市は1989年より、デンマーク・オーデンセ市と姉妹都市提携をしており、アンデルセン公園ではオーデンセ市出身の作家H.C.アンデルセンが手がけた童話の世界をイメージした施設や、19世紀のデンマークを再現した建物、風車などが人気を呼んでいる。

 さらに、日本でも最大規模のアスレチック施設を有しており、子どもの遊び場としても大人気。昨年、旅行口コミサイト・トリップアドバイザーの「日本の人気アミューズメントパーク」でアンデルセン公園が第3位となり、ネットニュースやTV番組などで大きく取り上げられた。開園20周年を迎える今年の7月には、総入園者数1000万人を突破している。

 今回発売される公式ガイドブックは、「ワンパク王国ゾーン」「メルヘンの丘ゾーン」「子ども美術館ゾーン」「自然体験ゾーン」「花の城ゾーン」の5つのゾーンを描きおろしマップを交えて、分かりやすく解説。さらに、園内で楽しめるサービス&フード、アンデルセン公園周辺の宿泊施設ガイドも充実している。

 また、「子ども美術館ゾーン」で創作体験ができるプログラムの写真付きガイド、園内の美景・撮影オススメポイント集、ホームページには載せきれてない詳細なグッズ・おみやげガイド、アンデルセン公園スタッフ監修の花の見ごろカレンダーなども掲載。アンデルセン公園ビギナーからマスターまで幅広く楽しめる永久保存版ガイドブックとなる。

書籍『ふなばしアンデルセン公園 公式ガイドブック』
定価:本体1,000円+税
搬入発売日:2016年10月25日(火)
判型:A5/96ページ
発売元:学研プラス
監修:公益財団法人船橋市公園協会
※電子書籍版も同時発売)

『ふなばしアンデルセン公園』公式サイト:http://www.park-funabashi.or.jp/and/
開園20周年記念「アンデルセンフェア」開催中(2016年10月30日まで)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真