• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

10・22本日スタート!吉田羊主演「コールドケース~真実の扉~」名古屋先行試写開催

83991_01_r 吉田羊主演、WOWOW開局25周年記念「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」の第一話先行試写会が名古屋で開催され、波多野貴文監督、岡野真紀子プロデューサーが登壇した。

 WOWOW開局25周年記念「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」が10月22日(毎週土曜夜10:00 全10話 ※第1話無料放送)にスタートする。放送直前の21日(金)には、ケーブルテレビ局主催の第1話先行試写会が名古屋・センチュリーシネマで開催され、10月12日に東京で本作の完成披露試写会、18日にはフランス・カンヌで開催された世界最大級の国際映像コンテンツ見本市、MIPCOMにて日本の民放として初となる、4K、HDRによるワールドプレミアスクリーニングに登壇した波多野監督とWOWOWドラマ制作部のプロデューサー・岡野真紀子が上映後の舞台挨拶に登壇した。

 2003年から2010年まで全7シーンズンにわたりアメリカ・CBSで高視聴率を記録した大人気ドラマ「コールドケース 迷宮事件簿」。米国以外で制作するのは今回が初となり、物語の舞台をフィラデルフィアから神奈川県に移し、神奈川県捜査一課の女刑事・石川百合(吉田)らチームの面々が毎話異なる未解決事件の真相をたどり、解決していくまでを描く。

 日本版を制作しようと思った経緯について岡野は「WOWOWでドラマを作っていく中で、『相棒』のように、『WOWOWではこういうシリーズドラマがあるから見続けたいな』と思っていただけるような新たなシリーズものをやりたいなと思っていました。オリジナル版はWOWOWで放送をしていましたし、『コールドケース』と一緒に成長してきた部分もあります。WOWOWらしい新しい刑事ドラマを楽しんでいただくには『コールドケース』の日本版なんじゃないか、という予感もあり、制作に挑みました」と秘話を明かすと、波多野監督は「世界的に大成功したドラマですし、そこに日本人の推し量る心を入れていくことは難しくもあり、面白くもありました。オリジナル版はドライなところもありますが、本作を作る上で、日本人の距離感や相手を思いやる気持ちや寄り添い方を意識しました」と、世界的に大ヒットしたドラマシリーズの初めての日本版制作としてのこだわりを語った。

 また、「スタッフの間でも『2話が好き』とか『4話が好き』とか言っていただけているので、見ていただいて『何話が好き』といったお話もしていただけると嬉しいです」とスタッフとのエピソードを波多野監督が明かすと、MCからの「ちなみに監督は?」という問いに「シーズン2の1話ですかね」と、早くもシーズン2制作について先走る回答に会場は笑いに包まれた。

 一方、岡野は「女性と男性で変わるところもあると思いますし、生きてきた世代によっても変わってくると思うんですね。私はまさに自分が学生時代だった頃をテーマに作った回があって、それはピタッとはまりましたし、世代によっては50年代、70年代、そして2000年代とありますので、幅広い年代の方に楽しんでいただけると思います」と太鼓判を押した。

 本作でドラマ初主演を務める吉田羊の魅力ついて波多野監督は「凛とした立ち姿というか、主演としてみんなを引っ張っていく印象がありました」と語り、さらに「オリジナル版のリリー・ラッシュはドライでスピード感がありますが、撮影をしている中で、吉田さん演じる石川百合は人との距離のとり方や接し方に日本人の趣がきちんと出ているところが素敵だなと思いました」と絶賛。

 オリジナル版の主人公“リリー”と日本版の主人公“百合”の名前が同じ花の名前であることについてMCからの質問に波多野監督は「ほかにもちりばめていますので、見つけていただけると嬉しいです」と裏話を明かした。

 2話目以降について岡野は「毎話事に素晴らしいゲストの方が出演してくださっていますし、様々な時代をそれぞれ違うテーマで描いているので、その時代や音楽を楽しんでいただけると思います。また、捜査チーム5人のキャラクターがこれからより見えてきますので、10話最後まで見ていただければ『コールドケース』を本当の意味で満足できたと思っていただけると思います」と見どころを語ると、最後に波多野監督は「このドラマではみんな過去を引きずっているわけではなく、過去を乗り越えて生きていますし、刑事といっても公務員ですから、決して事件だけを追っているわけではなく、プライベートな部分も描いているので彼らがちゃんとそこに生きている姿が見られます。また、過去の回想シーンでは16mmのフィルムで撮っていたり、カメラを変えて雰囲気も違っていますので、そういったところも楽しんでいただければと思います」と締めくくった。

<放送情報>
WOWOW開局25周年記念 「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」
10月22日(土)スタート。毎週土曜 夜10:00(全10話)[第1話無料放送]
©WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

■スタッフ
監督:波多野貴文(「SP」シリーズ、「連続ドラマW 翳りゆく夏」)
脚本:瀬々敬久 (『64-ロクヨン- 前編/後編』)、吉田康弘 (『旅立ちの島唄~十五の春~』)、蓬莱竜太 (『ピンクとグレー』)、林宏司 (『ハゲタカ』)
音楽:村松崇継 (『思い出のマーニー』)
撮影監督:山田康介(『シン・ゴジラ』)
出演:吉田羊 永山絢斗 滝藤賢一 光石研 / 三浦友和
特設サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/coldcase/
<オリジナル版放送情報>
■番組名:「コールドケース 迷宮事件簿 」
■放送日: 10/18(火)~22(土) WOWOWプライムにて一挙放送中(全23話)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える