• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

リアル・ドキュメンタリー『PROJECT TARO』メンバーがケネディ駐日米国大使を訪問

『PROJECT TARO』 フジテレビで放送中のグローバル・アーティストを目指す若者たちのリアル・ドキュメンタリー番組『PROJECT TARO』。この番組に出演中のAYUMUとMASAHIROが、米国留学を推進するビデオ・プロジェクト「A Broader View ―人生を変えるアメリカ留学―」に出演。キャロライン・ケネディ駐日米国大使の元を訪れた模様が、10月24日(月)深夜の『PROJECT TARO』で放送されることが決定した。

 『PROJECT TARO』は、世界を舞台に活躍するアーティストを目指して、厳しいオーディションを勝ち抜き全国から選ばれたティーンのトップランナーが、2014年からエンタテインメントの本場ニューヨークにわたり、武者修行。思春期に親元を離れ、異国で文化や言葉の壁と向き合いながら、必死に世界の頂点を目指していく姿を描いたリアル・ドキュメンタリー番組。

 今回、選ばれたAYUMUとMASAHIROを含む9人のメンバーは、2年間に渡るNYでの留学生活で、学生としての勉強と、エンターテイナーとしてのスキルを磨くレッスンを続けてきた。10月からは、留学生活を締めくくる最後の1年に突入。今までとは違うさまざまな挑戦をしている。

 AYUMUは、シンガーとして、経験をしたことのないアメリカ横断のロードツアーをスタート。また、ダンサー、シンガーとしてのパフォーマンスを続けているMASAHIROは、さらなる高見を目指してトップクラスの演技学校の扉を叩くなど、アメリカを舞台に更なるステージに挑戦している。

 そんな彼らが出演した「A Broader View ―人生を変えるアメリカ留学―」は、米国での留学・生活経験を持つ日本人が、示唆に富む体験談を語るビデオ・プロジェクト。安倍晋三首相、音楽家の小曽根真、タレントの関根麻里、キャスターの長野智子、画家のフランキー・スィーヒ、チームラボ代表の猪子寿之らが参加している。

 この留学推進プロジェクトのレセプションパーティに招待されたAYUMUとMASAHIROは、キャロライン・ケネディ駐日米国大使と対面。2人が今回選ばれた理由について、ケネディ大使は「アメリカの文化なども含め、さまざまなことを学べるという良い例だと思ったので、あなたたちに会ってみたかった」と語った。

 「ものすごく緊張してます」と話すAYUMUとMASAHIROだが、アメリカ留学を経験したことについて「自己表現力やどんな人とも話すことができる自信がついた」「アメリカは自分を変えられる場所、人生を変えられる場所だと思う」と目を輝かせた。

 さらに、ケネディ駐日米国大使から、2人にビックなオファーが…。果たしてどんな企画に参加できるのか!? 詳しくは24日の放送で明かされる。

『PROJECT TARO』
フジテレビ
毎週月曜 深夜26時15分~26時35分

<放送地域>
フジテレビ
関西テレビ
テレビ熊本
テレビ宮崎
※地域により放送日時が異なります。
最新の放送情報は公式サイト(http://www.project-taro.jp/)をチェック

<出演者>
■KENYA
2001年10月27日生まれ
「独創的な音楽でみんなを幸せにする」

■YUTO
2000年1月12日生まれ
「気持ちを歌に乗せて世界に届ける」

■AYUMU
2000年5月12日生まれ
「世界一と言われるアーティストになる」

■SHOJI
1999年6月23日生まれ
「世界に僕の名を轟(とどろ)かせる」

■RIKIYA
1999年10月12日生まれ
「ダンスとラップでトップをめざす」

■MASAHIRO
2000年5月17日生まれ
「どれだけ多くの人に夢を与えられるか」

■SHIN
1999年5月8生まれ
「ダンスで世界に名を馳せる」

■TAIKI
1999年6月22日生まれ
「歌もダンスもラップも、全部カッコよく」

■MIKU
1999年7月1日生まれ
「ジャンルも国も超えて活躍する」

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真