• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

生命をプログラミングしたのは神なのか!?「タリウム少女」in早稲田大学で激論

早稲田大学のmetaPhorest Seminarで公開対談を行った林真理教授(左)と映画「タリウム少女の毒殺日記」監督の土屋豊(右)

 映画「タリウム少女の毒殺日記」の上映会が6月16日(日)、metaPhorest Seminarとして早稲田大学の先端生命医科学センター(TWIns)で行われ、監督の土屋豊と工学院大学の林真理(はやし・まこと)教授が公開対談を行った。

「タリウム少女の毒殺日記」は、2005年に母親毒殺未遂事件を起こして世間を騒がせた「タリウム少女」をモチーフとした問題作。昨年の東京国際映画祭で『日本映画・ある視点』部門作品賞を受賞、先日のロッテルダム国際映画祭にも正式出品されて賛否両論巻き起こした。

 metaPhorest Seminarとは、生命や生命科学の文化的・歴史的な側面に関する研究者やアーティストを招き、「アートにおける生命表現」や「生命科学の文学史」などに関する、第一線の研究や取り組みを紹介する試み。

 今回登場した林真理は科学論・生命論の専門家で、今回の16th metaPhorest Seminarに集まった約100名の観客を前に、本作をバイオメディア・アートの観点から紐解き、メディアリテラシーから生命倫理にまで触れる、濃い内容の対談を繰り広げた。

 科学的概念の変わりゆく現代に興味を持つ林は、IPS細胞や遺伝子組み換えが素材として取り上げられているこの映画に以前から興味を持っていたそう。

「生物と動物の境界線を提示しているタリウム少女が、自分自身をコントロールしようとする矛盾」「確かにあやふやなところがあるが、やりきろうという覚悟があった」などの少女への分析や、「この映画ではプログラムの対義語が途中で物語から神様に変わる。日本ならしっくりくるが、海外だと理解されにくいのでは」「海外の映画祭で上映されたとき、日本への誤解や、観念的な抵抗感は感じた」などの異文化論、また身体改造アーティストの欲望や挑戦から逆説的に分かる生命の重要さという観念などの分析が飛び出し、観客からも質問や否定的意見も飛び交う熱いイベントとなった。

 映画「タリウム少女の毒殺日記」は、7月6日(土)ロードショー。

「タリウム少女の毒殺日記」公式サイト(http://www.uplink.co.jp/thallium/)
公式Facebook(https://www.facebook.com/events/121720061365571/)
■ストーリー
科学に異常な関心を示すタリウム少女(倉持由香)は、蟻やハムスター、金魚など、様々な生物を観察・解剖し、その様子を動画日記としてYouTubeにアップすることが好きな高校生。彼女は動物だけでなく、アンチエイジングに明け暮れる母親(渡辺真起子)までも実験対象とし、その母親に毒薬タリウムを少しずつ投与していく。
「観察するぞ、観察するぞ…」タリウム少女は、自らを取り囲む世界を飛び越えるため、新しい実験を始める。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える