• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「自分と照らし合わせて見て」新木優子&岡本杏理が『インターン!』トークイベントに登場

『インターン!』トークイベント 11月5日(土)公開の映画『インターン!』のトークイベントが行われ、新木優子と岡本杏理が登壇した。

 イベントでは、non-noモデルでもある2人が今冬ファッションのポイントや、買い物など普段の様子、さらに共演した映画『インターン!』の見どころについて語った。

<登壇者コメント>
■新木優子
主演は不安でしたが、今回は杏理ちゃんをはじめ、よく一緒にお仕事させていただく方々と参加できたのですごく心強かったです。
特に杏理ちゃんとは小学生の頃からの仲なので、「やっと共演できた!」と思いました。
(岡本が男性に憑依される役なので)元々かわいらしい杏理ちゃんの見たことない姿が見られると思います。
作中ではいろいろなキーワードが出てくるのですが、それを自分と照らし合わせて見ていただければより楽しんでいただけると思います。

■岡本杏理
今回、撮影に入る前にキャストのいつも仲良くしているメンバーで焼き肉を食べに行き、そこで「こういう作品にしたいね」などと話し合いました。
現場では優子ちゃんとあまり一緒になることがなかったので、事前にいろいろと話し合えていて良かったと思いました。
「インターンシップ」というリアルなテーマと「死神」というファンタジーが合わさってとても見やすいけれど、心に残る言葉がたくさん詰まっている作品だと思います。
なので、映画を見終わった後にいろいろと思い返してもらえるとうれしいです。

<ストーリー>
大学三年生の川倉晴香(新木優子)は、親友の浜崎真希(岡本杏理)に誘われインターンシップ説明会に行った帰り、車にはねられそうになる。
それを助けようとしたのは説明会に登壇していたその企業のCEO牧野正幸(風間トオル)だった。病院の集中治療室で目を覚ました牧野は、死神(佐野岳)と遭遇し、ベッドに横たわる抜け殻の自分を見せつけられる。死神曰く、交通事故で死ぬ運命だった晴香を助けたことで、牧野が死ぬ運命に変わってしまったと。二人とも助かるには、晴香の未来を変えなければならないと言う死神に、牧野は彼女がインターンで成績優秀者となって入社パスを手に入れれば、未来を変えることができると思いつき、真希に憑依して晴香のインターンをサポートしていくことにする。
だが、晴香は真希を無視し自力で課題に取り組んで悪い成績しか取れない。
彼女は入社パスを手に入れることはできるのか?

映画『インターン!』
11月5日(土)よりシネ・リーブル池袋、シネ・リーブル梅田ほかにて全国公開

監督:吉田秋生
脚本:太田善也
プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ

出演:新木優子、岡本杏理、佐野岳、青木玄徳、栗原類 鈴木友菜、泉はる、もちろー、中村龍介、上野なつひ、小西キス 風間トオル

製作・配給:BS-TBS
協賛:(株)ワークスアプリケーションズ

©2016『インターン!』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える