• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

A・ヴィキャンデル主演「エクス・マキナ」小島秀夫・神山健治・石黒浩ら各界著名人が絶賛

84719_01_r アリシア・ヴィキャンデル主演のSFスリラー『エクス・マキナ』のブルーレイ+DVDセットが11月18日(金)に発売。このたび、本作の発売を記念し、各界の著名人から推薦コメントが到着。

 本作は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』など、並みいる大作を抑え本年度アカデミー賞R視覚効果賞を受賞した話題作。鮮烈なビジュアルと、登場人物も場所も限定されたミニマムな設定で、人間と人工知能の主従関係を巡る心理戦を描き出す。
 また主演を『リリーのすべて』でアカデミー賞R助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルが務め、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも共演しているドーナ・グリーソン、オスカー・アイザックと、3人の注目俳優が顔をそろえている。

<コメント>
【小島秀夫/ゲームクリエイター】
この映画にぞっこん!素晴らしかった!全てにおいて大好物!アリシア・ヴィキャンデルも美しかったし、OMDの「エノラ・ゲイの悲劇」はかかるわ、EDでサヴェージズの曲はかかるわで音楽も最高。

【神山健治/アニメーション映画監督】
エレガントでエロティックな映像美の裏側で、個人情報をAIに全て握られた一人の男の恐怖体験とその末路を描く 『エクス・マキナ』は、日々ネットに個人情報を吸い上げられている貴方の行く末を暗喩している。

【石黒浩/大阪大学基礎工学研究科教授(マツコロイド製作監修・映画『さようなら』アンドロイド監修)】
 この映画は人間の外見と内面について深く考えさせてくれる。機械が部分的にむき出しになったアンドロイドが非常に綺麗に見える。人間らしく感情的な方が自然であるはずなのに、感情を抑えた理性的なアンドロイドに魅力を感じてしまう。この映画では、そうした人間やアンドロイドの本質に関わる問題が表現されている。

【RAM RIDER/アーティスト・プロデューサー・DJ】
『メトロポリス』以来、現実のメタファーとして扱われてきたアンドロイドがついに「それそのもの」として描かれる。僕たちは、果たしてこれをSFと呼んでいいのか?ブレードランナーからherに至るまで、人間が創り続けた「人とAIの物語」の新たな地平がここにある!

【中田クルミ/モデル・女優・DJ】
 視覚効果と音楽と、アリシア・ヴィキャンデルの魅力とで静かに酔いしれ、そのまま一気に不気味な空間に突き落とされる見事な作品でした。人類の高等な技術と知性によって生まれるものは果たして何が正解なのでしょうか、そしてそれを裁けるのは一体誰なのでしょうか。息苦しくて、恐ろしくて、何より美しい、秀逸な1本です。

『エクス・マキナ』
ブルーレイ+DVDセット
11月18日(金)発売 ¥3,990(税別)

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

©2014 Universal City Studios Productions LLLP. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える