• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

<極上文學>第4弾・芥川龍之介「藪の中」別ver.の写真到着!注目の第5弾の演目は?

多襄丸を玉城裕規、夫を松本寛也、女を蒼井翔太、検非違使を林修司が演じた追加公演の舞台写真。玉城裕規が唯一多襄丸を演じたこのスペシャル公演の模様は、7月14日(月)からニコニコ動画で配信予定

 本格文學朗読劇シリーズ<極上文學>第4弾・芥川龍之介「藪の中」別バージョンの写真が新たに届いた。

<極上文學>は、メインキャストが読み、その周りをアンサンブルが舞うことで、日本文學の上質な世界観を立体的に表現する朗読劇シリーズ。第4弾は、藪の中で殺されていた男の死骸をめぐり、奇妙に食い違う当事者三人の証言から真実と嘘の行方を描いた芥川龍之介の「藪の中」を取り上げた。

 各回のメインキャストの組合せがすべて異なるマルチキャスティングシステムも魅力で、前回の記事(http://www.tvlife.jp/2013/06/17/8252/)で紹介した津田健次郎、鮎川太陽、玉城裕規、林修司という組み合わせのほか、10通りの組み合わせで上演された。

 今回はその中から、7月14日(日)からニコニコ動画で配信される玉城裕規、松本寛也、蒼井翔太、林修司という組み合わせで演じられた6月14日(金)昼の追加公演の舞台写真と、前回の記事でも紹介した初日6月12日(水)昼公演の小野賢章、松本寛也、蒼井翔太、藤原祐規という組み合わせの新写真を紹介。

 また、「藪の中」で女を演じた蒼井翔太は、<極上文學>次回作「Kの昇天~或はKの溺死~」(梶井基次郎 著)への出演も決定している。そちらの公演内容は以下のとおり。

★本格文學朗読劇シリーズ<極上文學>第5弾・梶井基次郎「Kの昇天~或はKの溺死~」
出演:蒼井翔太、鈴木拡樹、中村龍介 ほか(50音順)
≪アンサンブル≫赤眞秀輝、中村 葵
演出:キムラ真(ナイスコンプレックス)
脚本:神楽澤小虎(MAG.net)
劇場:全労災ホール/スペース・ゼロ
日程:2013年11月27日(水)~12月3日(火)
≪極上文學≫公式サイト(http://www.gekijooo.net/)
≪極上文學≫公式ツイッター(https://twitter.com/MAG_play)

★本格文學朗読劇シリーズ<極上文學>第4弾・芥川龍之介「藪の中」ニコニコ動画配信回出演者
7月7日(日)配信開始:津田健次郎、松本寛也、玉城裕規、藤原祐規(6月13日(木)夜公演)
7月14日(日)配信開始:玉城裕規、松本寛也、蒼井翔太、林 修司(6月14日(金)昼公演)
7月21日(日)配信開始:小野賢章、鮎川太陽、蒼井翔太、林 修司(6月14日(金)夜公演)
(配役はそれぞれ多襄丸、夫、女、検非違使の順)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える