• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

堺雅人が再び銀行員に!「あらためて勉強になった」

堺雅人 堺雅人が出演する三井住友銀行の新CM「まるごと話せる人(夫婦の夢)」篇、「まるごと話せる人(親の本音)」篇が、10月25日より放送中。

 新CMでは、堺が銀行員役となり、老婦人、老紳士のそれぞれのお金に関する相談に乗る。「まるごと話せる人(夫婦の夢)」篇では、銀行にお金のことを相談に来たが、どこか不安げな老婦人と堺とのやり取りを描く。

 何かの答えを出すわけでもなく、黙って、老婦人の話にひたすら耳を傾ける堺。すると最初は硬かった老婦人の表情も堺の笑顔で次第に和らいでいき、心を開いていく。そして最後にはうれしそうに、満足げな様子で銀行を後にする。

 「まるごと話せる人(親の本音)」篇では、堺とは既に顔見知りの老紳士の退職金についての相談に乗る。話が進むにつれ、退職金についての相談がだんだん老紳士の老後の話に。「息子夫婦に迷惑はかけたくない」とシリアスな本音を漏らす老紳士の声を真摯に受け止める堺に、誰にも打ち明けられなかった話を聞いてもらった老紳士は「すみません…自分のことをベラベラと。でも少し楽になりました」とスッキリした表情に。両作ともに、「はい」だけで相手の心を開く堺の演技力に注目だ。

 撮影を終えた堺は、「ちょっとした芝居の間やニュアンスで関係性が変わってくる芝居だったので、共演の方と相談したり、監督にご指導いただきながらとても楽しく撮影を終えることができました」と感想を。
 
 また、銀行員役については「以前銀行員の役をやらせていただいたときは、また全然違う銀行員だったんですが、今回の役を通して銀行員の役って本当にいろいろあるんだなぁと思いました。 お金って本当に何にでも化けるものだと思うんですけど、そんなお金を扱う銀行の方にはいろいろな仕事がありますよね。今回はゆったりした時間を一緒に過ごしながら、少し時間をかけて、お金の使いみちについて考えるという設定だったのですが、いつもはそのようなことを相談できるフロアに行ってなかったので 銀行の業務はこういうところもあるんだなぁとあらためて勉強になりました」と語った。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える