• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

アンジャッシュ児嶋にハリウッド監督がまさかのボケ「ハロー、オオシマさん」

『コウノトリ大作戦!』親子試写会 11月3日(木・祝)公開の映画『コウノトリ大作戦!』の親子試写会が行われ、日本語版吹替版声優を務めるアンジャッシュと日本版主題歌を担当するAIが登壇した。

 本作は“コウノトリが赤ちゃんを運んでくる”という寓話を基に描かれる、大空を舞台にした壮大な物語。“コウノトリ宅配便社”は昔のある事件が原因で、赤ちゃんの配達を禁止していた。そんな中、手違いでかわいい赤ちゃんが生まれてしまう。エース配達員のジュニアは、会社に内緒で赤ちゃんを届けようと決意するが…。

 今回のイベントには、『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』といったピクサーの大ヒット作を手がけたアニメーターで、今作で監督を務めたダグ・スウィートランドからのビデオメッセージも到着。スウィートランド監督は、渡部に「これで本格的に声優デビューですね!あなたの声はまさにジュニアそのものでした。これで世界で最も有名なワタベになったね!」と絶賛。しかし、児嶋には「ハロー、オオシマさん」と語りかけるというまさかのアクシデントが。ついにハリウッド監督に対してもお約束の「児嶋だよ!」が炸裂し、会場も大盛り上がりを見せた。

 AIは作品を観た感想を聞かれると「子供を産んだ時にはものすごく感動して、これほどまでにパワーをくれるものなんだなと思いました。この映画にもかわいい赤ちゃんが登場するので楽しみにしていてください」と。

 渡部は曲について「とてもスケール感が壮大な曲で、AIさんの子供に対する深く大きな愛を感じました。AIさんじゃなきゃ歌えない歌だなと思いました」と語った。スウィートランド監督は、「AIさん、主題歌を歌ってくれてアリガトウゴザイマス!あなたの歌には娘さんへの深い愛情がこもっており、この映画の主題歌にぴったりでした!」とメッセージを送った。続いて、AIが主題歌「HEIWA」を熱唱すると、会場の誰もがその“家族愛”にあふれた歌詞に聞き入った。

 イベントでは、翌週に誕生日を迎えるというAIに向けて、劇中の“コウノトリ宅配便社”から荷物が到着するというサプライズも。主人公ジュニアを演じる渡部が劇中さながらにAIの元へと届けたのは、日本では天然記念物であるコウノトリの繁殖活動を行っている兵庫県豊岡市で作られた“コウノトリを育むお米”で作られたバースデー・ライスケーキ。何も知らされていなかったAIは「何がでてくるか全く予想できなかったのでとても驚きました。こんな貴重なケーキ私にはもったいないくらいです。どうもありがとうございます!」と喜び、会場から温かい拍手が送られた。

 最後は、渡部が「この作品はわくわくドキドキがいっぱいで、さらにちょっと笑える箇所もあり、まさに親子そろって楽しめる作品です!どうぞお楽しみください!」と作品の見どころを熱く語った。

映画『コウノトリ大作戦!』
11月3日(木・祝)全国ロードショー

声の出演(日本語吹替版声優):渡部建(アンジャッシュ)、児嶋一哉(アンジャッシュ)ほか
日本語吹き替え版主題歌:AI「HEIWA」

監督:ニコラス・ストーラー、ダグ・スウィートランド
脚本:ニコラス・ストーラー
製作:ブラッド・ルイス,p.g.a.  ニコラス・ストーラー,p.g.a

配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:www.kounotori-daisakusen.jp

©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える