• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

長瀬智也「気持ちが高まっちゃって…」『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』撮影裏話

85535_01_r 監督・脚本・宮藤官九郎×長瀬智也×神木隆之介&豪華キャストが贈るコメディ『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』Blu-ray&DVD が12月14日(水)に発売。セル商品の特典となる宮藤×長瀬×神木×桐谷健太×清野菜名×皆川猿時によるオーディオ・コメンタリーの収録が行われた。

 待望の宮藤官九郎監督最新作の舞台に選んだのは、地獄。17 歳でこの世を去った大助が、大好きなクラスメイトにキスしたい一心で、赤鬼と一緒に地獄からの生還を目指して大奮闘する。
 地獄の赤鬼キラーKを演じるのは、7年ぶりの映画主演となる長瀬智也。キスもせずに死んじゃった高校生・大助を演じるのは神木隆之介。さらに、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、古舘寛治、皆川猿時、古田新太、宮沢りえら超豪華キャストに加え、シシド・カフカ、清、Char、野村義男、マーティ・フリードマン、ROLLY、快速東京、木村充揮など実力派ミュージシャンも多数出演している。
 オーディオ・コメンタリー収録では、本編が始まり、宮藤官九郎監督が挨拶で早速トチってしまい、長瀬智也たちに「録り直し!」とツッコまれながら、和やかな雰囲気でスタート。
 映画は「地獄」が主な舞台だが、「現世」のシーンもある。現世のシーンには登場しない、長瀬、桐谷らはその撮影について宮藤監督にどうやって撮影したのか、どこで撮影しているのかなど質問。神木が演じる大助が転生してインコとなり現世に戻り、飛ぶインコを背後から追うシーンになると「このシーンはキレイ」「いいねーこのシーン」と長瀬、桐谷が言い、清野が「どうやって撮っているんですか?」と宮藤監督に質問。「これはねぇ、…本当のことを言おうか」ともったいぶり、「オレ、この撮影立ち合ってない」と告白。キャスト陣からは「そうなの?」と驚きの声が上がったが、映画では風景描写など別チームが撮影することは珍しいことではない。また、これらのシーンでは、監督の宮藤がどういったシーンにするのか指示しており、実際どう撮影したのかも、宮藤監督が丁寧に解説した。また、このインコのほか、大助が転生したザリガニ、アシカなどには、神木がアフレコで演じており、「この神木くんのアフレコ、最高なんだよな」と宮藤監督が絶賛すると、長瀬も「オレもここ好き」と同調した。

「地獄」のシーンになると、キャスト陣も自身らの撮影時の思い出話や苦労話を明かした。長瀬演じるキラーK が、感情が高ぶり巨大化するシーンでは、実はCG を使わず遠近法を活用した<アナログ>な方法で撮影されたという。長瀬演じるキラーK が手前、神木、桐谷、清野らがカメラから離れた奥で、同時に演技することで成立させている。キラーK が生前を振り返るシーンでは、キラーK(現世では近藤)が現世で最後に作った曲を歌う切ないシーンとなっている。「ここ、僕、最後の方で踊ったんですよね」と長瀬が言うと、「切ない方にいくと思ったら踊りだしたから、使えない!と思って見ていた。踊りだすギリギリまで使ってカットした」と宮藤監督が解説。桐谷や皆川からは「がっかりですよね~、切ないいいシーンなのに」「なんで踊っちゃったの?」とツッコまれ、長瀬は「(気持ちが)高まっちゃって」と振り返った。

 キラーK が率いる地獄専属ロックバンド<地獄図ヘルズ>と敵対するガールズバンド<デビルハラスメント>のメンバーで、皆川が演じるじゅんこが登場するシーンでは、キャスト一同声を揃えて「こわーい」と盛り上がり、「こんなんに追っかけられたら、本当にこわい」(桐谷)、「本当にすごい迫力」(長瀬)と皆絶賛。ほかに、「地獄」で事態が飲み込めない大助を演じる神木に「いい顔している」と皆で褒め、「いい顔してるって言わるの、どう?嬉しい?いい体しているねって言われるよりは嬉しい?」と迫ったり、長瀬たち<鬼>と、亡くなって地獄へ落ちてきた<亡者>について、宮藤がその設定について言及したり、撮影を振り返っての思い出話など、最後まで尽きない話が収録されている。

 収録の最後に、一人ずつ感想を話し、長瀬は「映画公開から半年経っているけど、今見てもグッと来るのはとてもいい映画って事。是非DVDで何度も見て、面白いところを見つけてもらえると嬉しい」と話した。最後のシメとなった宮藤監督の番になると映画が終わってしまい時間切れ。「何も言えね-」(競泳メダリストの北島康介を真似て)と叫び、爆笑のうちに終了となった。

 ここでしか聞けない爆笑のオーディオ・コメンタリーは、12 月14 日(水)発売となる、Blu-ray&DVD セル商品だけ。ファンならずとも、必聴の特典となった。

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』 Blu-ray&DVD 12 月14 日(水)発売
■Blu-ray 豪華版 3 枚組(本編Blu-ray1 枚+特典DVD2 枚) ¥7,800 + 税
■DVD 豪華版 3 枚組(本編DVD1 枚+特典DVD2 枚) ¥6,800 + 税
【本編ディスク特典】
<映像特典>
■予告編集(特報/予告/TV スポット)
<音声特典>
■本編オーディオ・コメンタリー
(宮藤官九郎、長瀬智也、神木隆之介、桐谷健太、清野菜名、皆川猿時)
■ミュージック・チャプター【特典ディスク①(DVD)映像特典】
【特典ディスク1(DVD) 特典】
<映像特典>
■メイキング(MAKING OF TOO YOUNG TO DIE!)
■撮影日誌
■イベント映像集(完成披露試写会/公開直前イベント試写会/初日舞台挨拶/鬼ヒット御礼舞台挨拶)
【特典ディスク2(DVD) 特典】
<映像特典>
■METROCK2016 地獄図(ヘルズ)ライブ映像
■COUNTDOWN JAPAN 15/16 ライブ映像
■地獄図
ヘルズ
「TOO YOUNG TO DIE!」PV
■特番「宮藤官九郎×長瀬智也×神木隆之介と学ぶ映画TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ 公開記念SP 特別授業『地獄へようこそ!』開講!!」
【封入特典】
■豪華ブックレット(32P 予定)
■特製シール
※Blu-ray 通常版(4,800 円+税)、DVD 通常版(3,800 円+税)も同時発売
発売元:アスミック・エース 販売元:東宝

©2016「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える