• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

公開前に予習!『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』キャラクター詳細判明

85694_01 「ハリー・ポッター」新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の主人公のニュートをはじめ、新たな魔法の世界を牽引する仲間たちのビジュアルが到着し、キャラクターの詳細が明らかになった。

 エディ・レッドメイン演じるニュート・スキャマンダーはおっちょこちょいで人見知りの魔法使い。動物といる方が気が楽な魔法動物(ビースト)学者。そんなニュートの魔法のトランクから、魔法動物が逃げ出すところから物語は始まる。

 到着したビジュアルでは、ニュートのお気に入りで、彼のポケットにいるのが好きな緑色の木の妖精“ボウトラックル”のピケットくんの姿も確認できる。そして造形美術監督ピエール・ボハナが「ニュートは、ちょっとズボラであまり手入れをしないから、杖は傷だらけなんだ」と明かしていたように、よく見ると、杖に傷がたくさんついていることが分かる。

 ティナを演じたキャサリン・ウォーターストンの「ニュートとそれぞれの魔法動物のシーンは素晴らしいの。魔法動物に対する好奇心や優しさが、とても魅力的なの」という言葉を裏付けるように、二フラーについて書かれたメモが開いているトランクに貼られていたりと、魔法動物に没頭するあまり、杖のことなどお構いなしなのかもしれない。

 そんなニュートと行動を共にすることになる仲間たちは3人。新たな魔法の世界のヒロインは、ティナで、アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)で働いている賢く意志の強い魔女。一度は闇の魔法使いを捕まえる闇祓いだったが、感情に流され、無断で魔法を使い、職務を逸脱したことで、単調なデスクワークに降格されてしまった。

 ティナが捜査官としての地位に復帰したいと望む一方、固い絆で結ばれた妹のクイニー(アリソン・スドル)は、ティナと同じくMACUSAで働くが、姉のように野心は抱いていない様子。

 さらに本作では、人間(マグル=米国ではノー・マジ)が仲間になる。缶詰工場で働くジェイコブ(ダン・フォグラー)の夢は、パン屋になることと新鮮でおいしいご馳走を作ることだが、資金を確保できず、諦めかけていたところで、ニュートに出会う。

 そして、MACUSAの長官で闇祓いのグレイブス(コリン・ファレル)には、気になるマークが。ニュートと仲間になったティナ、クイニー、ジェイコブの3人は人間界と魔法界をまたにかけた、ある大事件に巻き込まれていくが、最高ランクの役人のグレイブスがどのようにニュートたちと関わっていくのか。スケールアップする世界観、進化する魔法、予測不能な大冒険と壮大なドラマ。波乱の展開を想像させるキャラクターたちに作品への期待は高まるばかりだ。

<登場キャラクター>

■ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)
魔法生物を見つけて記録を取るために世界中を旅する魔法動物学者。魔法生物がなぜ重要で、どうして保護されるべきか、その理由について魔法界で教えたいと願っている。旅行中に、あらゆる種類のビーストたちを救い、それを動物園並みの広さの不思議な空間をもつトランクの中に保管し、面倒をみながら、保護している。少し不器用で、仲間の魔法使いや魔女たちと一緒にいるよりも、魔法生物たちといるほうが気楽なアウトサイダー的存在。

■ティナ・ゴールドスタイン(キャサリン・ウォーターストン)
賢く、意志の強い魔女である。ニューヨークに住み、MACUSA(米国魔法議会)で働いている。一度は闇祓いだったが、感情に流され、無断で魔法を使い、職務を逸脱したことで、単調なデスクワーカーに降格された。捜査官としての地位に復帰したいと望むあまり、ニュート・スキャマンダーという名前の魔法使いの行く先々に現れるようになる。ルームメイトでもあるクイニーという非常に仲の良い妹がいる。

■クイニー・ゴールドスタイン (アリソン・スドル)
ティナの妹。活発で少し奇抜なとてもきれいな女性だが、それ以上の才能がある。MACUSAでティナと同じく単調なデスクワークをしているが、姉のように闇祓いになろうなどという野心は抱いていない。率直に言って、自由奔放な性格のクイニーは、働きたいとさえ思っていないのである。善良な心の持ち主で、姉のためならどんなことでも厭わずにやる覚悟である。さらに、彼女はレジリメンス、つまり心を読むことができる。

■ジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)
缶詰工場で働く“ノー・マジ”(アメリカでのマグルの呼び方)。夢は、パン屋になることと新鮮でおいしいごちそうを作ること。資金を確保できず、これも運命と思ってあきらめかけたところで、ニュート・スキャマンダーと偶然に出会い、すべてが変わる。無意識のうちに、ニュートの魔法動物たちが引き起こす大騒動の中に飲み込まれていく。最初は不可思議なものを自分の想像だと思っていたが、すぐに、夢をはるかに超えたとんでもない冒険に巻き込まれていることに気付く。

■パーシバル・グレイブス(コリン・ファレル)
MACUSA(アメリカ合衆国魔法議会)の長官で闇祓い。最高ランクの役人で最も尊敬される人物のひとりである。禁制の魔法生物を詰めたトランクとともにニュート・スキャマンダーがニューヨークに未許可で入国したことを知ったグレイブスは、ニュートの目的を疑う。

予告編

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
11月23日(水・祝)全国ロードショー

監督:デイビッド・イェーツ(『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)
原作/脚本:J.K.ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ハリー・ポッター』全8作品)、J.K.ローリング
出演:エディ・レッドメイン(『レ・ミゼラブル』)、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル

公式サイト:fantasticbeasts.jp
公式ハッシュタグ:#ファンタビ
公式Facebook:www.facebook.com/fantasticbeastsjp/

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2016 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える