• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「東のエデン」神山健治×「この世界の片隅に」片渕須直×「BLAME!」瀬下寛之トークイベント開催

85959_01_r 神山健治監督が描く感動アニメーション映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』が2017年3月18日(土)に公開することに先立ち、「第13回文化庁映画週間」にてトークイベントが開催された。

『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』など、重厚な世界設定を駆使して人間ドラマを描いてきた神山健治監督が描く感動アニメーション映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』が2017年3月18日(土)に公開。それに先立ち、文化庁が主催する「第13回文化庁映画週間」で開催されたシンポジウムにて、神山監督と、「この世界の片隅に」の片渕須直監督、「BLAME!」の瀬下寛之監督により、“劇場アニメ最前線~君は映画を信じるか”をテーマにしたトークイベントが行われた。

 3人の監督は、それぞれ映画との出会いについて語った。実家が映画館で、2歳のときに見た映画がきっかけだったと片淵監督が話すと、小学生のときに1人で何度も映画館に通い、映画を作りたいと思ったのは中学生のときからと語る神山監督。そして、瀬下監督は名画座での映画体験がきっかけになったという。そして、今後公開となる「この世界の片隅に」「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」「ひるね姫」「BLAME!」の予告編が上映された後にそれぞれの監督が作品の製作について語った。日常の再現に腐心することは共通していても手描きと3DCGではその手法は全く異なり、神山監督は「同じトンネル掘りでも、逆から掘っていくような違い」と表現する。

 最後に、神山監督は「これまで(『009 RE:CYBORG』『東のエデン』『攻殻機動隊S.A.C.』など)頼まれもしないのに何度も救ってきました(笑)。『009 RE:CYBORG』制作中に3.11が起き、こういった世界観を作ることに不安を覚えるようになりました。その後もいろんな企画を検討してきましたが、やはり僕に期待されるのは世界を救う話。そんなとき、“自分の娘に向けて作品を作ってみては?”という提案で、極めて個人的な思いで作品を作るのもいいかと考え、『ひるね姫』の企画に至りました。本作は僕にとって今までにない挑戦です。最近、アニメを見るお客さんのニーズが変わってきていることを感じており、日常に近いものをアニメで見たいという欲求が生まれていると思います。そのニーズにあうものを模索しながら作品を作っています」と『ひるね姫』への意気込みを語った。

『ひるね姫~知らないワタシの物語~』

◆ストーリー
2020年、東京オリンピックを3日後に控えた夏の日。私の家族に、事件が起きた。「なんでこんなに1日中、眠てえんじゃろ?」 岡山に父親と2人で暮らす女子高生の森川ココネは、所かまわず昼寝をしては怒られる。そんな彼女はあるとき、最近いつも同じ夢を見ていることに気づく。窮屈で、でもどこか温かいその夢は、彼女の知らない家族の秘密に繋がっていたのだった。

◆監督・脚本:神山健治『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』
◆出演:高畑充希
◆音楽:下村陽子「キングダム ハーツ」 ◆キャラクター原案:森川聡子『猫の恩返し』 ◆作画監督:佐々木敦子『東のエデン』
◆演出:堀元宣、河野利幸、黄瀬和哉 ◆ハーツデザイン:コヤマシゲト『ベイマックス』 ◆クリーチャーデザイン:クリストフ・フェレラ
◆色彩設計:片山由美子 ◆美術監督:鮫島潔、日野香諸里 ◆3D監督:塚本倫基 ◆撮影監督:田中宏侍 ◆音響監督:はたしょう二
◆制作:シグナル・エムディ ◆配給:ワーナー・ブラザース映画 ©2017 ひるね姫製作委員会
公式サイト:http://www.hirunehime.jp

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える