• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

櫻井翔主演『君に捧げるエンブレム』に市原隼人、安藤政信、香川照之ら出演決定

『君に捧げるエンブレム』 櫻井翔と長澤まさみが夫婦役を演じることでも話題の新春ドラマ『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)の出演者が発表された。

 本作は、将来を有望視されたJリーガーが不慮の事故で命の次に大事な脚を失うも、車椅子バスケという新たなスポーツに出会い、愛する人のため、不屈の闘志で戦うヒューマン・ラブストーリー。実在の元パラリンピック選手をモデルに、エキサイティングな車椅子バスケ競技の世界を迫力ある映像で描く。

 物語の核となるのは、逆境に立ち向かう和也(櫻井)とそれを支え続けた和也の妻・未希(長澤)の夫婦愛、そして彼らを取り巻く人々、仲間やライバルたちとの絆、愛する家族との葛藤だ。その感動のドラマに、市原隼人、田中哲司、小林薫、倍賞美津子、かたせ梨乃、安藤政信、香川照之が出演することが発表された。

<出演者コメント>

◆市原隼人
【演じる役柄】
車椅子バスケ・チーム“Wings”の得点王・向井大隼(むかい・ひろと)。片足を切断しているが、それ以外は健常者同様の身体能力を持ち、チームの要として活躍している。実は転移性のがんを患っており、いつ選手生命を絶たれてもおかしくない状態で、それゆえ生き急ぐようにハードにバスケに取り組んでいるが…。

【コメント】
どういう形でこの作品を捉えたらいいのか、ということを今までで一番悩んだ作品でした。自分には経験のない立場で、障害を持つということをどう捉えていいのか、今でもその概念を分かっているとは決して言えないのですが、1%でも近づけるように、と撮影に臨んでいます。
自分の病状を和也に話すシーンがありまして、涙が止まらなくなってNGが出たのですが、その時、役として自分の志がいかに低かったか、ということが分かりました。実際、日本代表の方たちが(撮影にも参加して)いらっしゃって、皆さんは全てのことを乗り越え、もうひとつ上のステップのところで戦っている中、僕はそれより前の壁で止まってしまっていた、と。僕が演じる大隼は、いろいろな壁を乗り越えて、その後だからこそ立ちはだかる大きな壁と戦っている人だということをあらためて感じました。
お芝居の中で、感情的になってしまったり、逡巡(しゅんじゅん)して間ができてしまったりするたび、自分の弱さを感じたのですが、日に日に演じていくうちにそれが崩れてきて、そして実際に車椅子バスケをやっている方々の練習に参加したり、会いにいったりする時間を多く作るようにした中、自然に近づくことができたのかなと思います。
また、車椅子バスケは本当にハードな競技で、手もボロボロですし、毎日筋肉痛ですし、転んで頭は打つし、フィジカルにも内面的にも強くなくてはいけない。でも、ハードだからこそどんどんのめり込んでいってしまう競技だということも実感できました。
(櫻井さんら共演者やスタッフは)始まる前から同じ方向を向いているような方たちで、朝から自然と一緒にスイッチが入り、とてもやりやすかったです。とても熱い作品に出会えて感謝しています。
車椅子バスケのことや、何かに向かって一生懸命頑張っている人たちについて知ることのできる貴重な機会なので、多くの方に見ていただきたいです。

◆田中哲司
【演じる役柄】
和也の妻・未希が障害者手帳の手続きをする朗らかな市役所の職員、鶴田仁志(つるた・ひとし)。スポーツを通じて障害者に積極的な人生の可能性を示したいと考える鶴田は、自身も車椅子バスケのベテラン選手であり、新興チーム“Wings”を主宰、和也を車椅子バスケの世界へと引っ張り込む。

【コメント】
単発ドラマにしてはかなり長い間一緒に撮影しているので、現場は本当のチームのような感じになっています。車椅子バスケは映像で見ても驚いたのですが、撮影現場で実際に生で見ると本当にすごくて、特に僕が演じている監督のポジションからバスケットコートを見るととてつもない迫力でして、ドラマの仕上がりもとんでもない映像になっているのではないかと…。車椅子バスケは、ある意味、普通のバスケよりもすごいなということを実感しました。
このドラマでも、選手役の皆さんはよく練習されて、バスケをしながら車椅子も操って、本当によくあそこまで上達したな、と思います。櫻井くんもものすごいスピードで動いていますし、その車椅子バスケのダイナミックなところをぜひ楽しんで見てほしいと思います。

◆小林薫
【演じる役柄】
両足の機能を失った和也との結婚に反対する未希の父親・仲川明生(なかがわ・あきお)。駅の助役として私鉄に勤めるサラリーマンで、地道に働くことを美徳とする真面目な父親だ。先の見えない和也との結婚は、心を鬼にして絶対に許さないと決めているが…。

【コメント】
親しいキャストも多く、楽しく撮影しています。下半身不随になってしまった婚約者をもつ娘の父親で、仕事で駅員を務めている役ですが、櫻井さん演じる和也との関係性の変化、心境の変化が描かれます。
事故や病気にかぎらず、予期せぬ運命の変化は誰にも訪れる可能性があり、実は身近な話です。その時にただ自分を閉じて、内向きになるだけでなく、外に向いていくことで情熱を燃やせるものに出会い、新しい自分を発見することができる、自分の人生は自分で切り開いていくしかないし、そこから景色も変わってくる、ということをこのドラマを見て感じ取ってもらえたら、と思います。

◆倍賞美津子
【演じる役柄】
和也の母、鷹匠和歌(たかじょう・わか)。地元で小さな工務店を営む夫を支え、和也を育ててきた主婦だ。控えめな性格であり、自分には取り立てて取り柄もない人間であると考えているが、和也のことだけは心から誇りに思い、常に応援し続ける。和也と未希の結婚も楽しみしていたが…。

【コメント】
(このお話をいただいた頃)ちょうどリオのパラリンピックで車椅子バスケを見ていまして、ぶつかったり、転んだり、格闘技みたいで本当にすごいなぁと感動していたところだったんです。
私が演じる和也の母親は、一人息子を大事に大事に育てて、やりたいことは全部やらしてあげて、息子を応援しながら自分も一緒に夢を見ているようなお母さんです。そして、それは母親なら誰にでも多少はそういうところがあるのかな、と。
櫻井さんとの共演は初めてで、親子役ということでとても楽しみにしていますし、素敵な作品になると思います。

◆かたせ梨乃
【演じる役柄】
シングルマザーとして女手ひとつで向井大隼(市原隼人)を育ててきた向井史子(むかい・ふみこ)を演じる。気っ風(きっぷ)のいい負けず嫌いな性格で、自らも癌(がん)を患っているが、大隼にもあえて明るく強く振舞う強い母親。だが奥底には、幼い頃から病気を患う息子に対し申し訳ないという思いを抱えていて…。

【コメント】
生まれながらにして病気という息子(大隼)を産み、彼の青春時代を奪ってしまったというつらい気持ちを抱えていますが、母である自分も病気になって、息子が抱えてきた思いをより理解し、だからこそ、息子には命あるかぎり自由に生きてほしい、今しかできないことをしてほしいと思っているお母さんです。
息子役の市原さんと実際にお芝居をしたのですが、ふたりとも子供っぽい性格の役で、“似たような親子だね”と笑いました。このドラマは生きていくことの大切さを描いています。どういう立場にあっても、どういう仕事をしていても、簡単に生きることはできないから、それぞれ今日を大事にすることが明日につながる…、まさに新年にふさわしい作品ですので、ぜひ見ていただければと思います。

◆安藤政信
【演じる役柄】
車椅子バスケ日本代表、不動のエース神村錬(かみむら・れん)を演じる。車椅子バスケ黎明期からスターとして君臨し、明るく豪快な性格を持つ太陽のような男だ。和也と大隼にとっての永遠のライバルであり、立ちはだかる最大の壁となる。

【コメント】
先天性で身体の機能に制限を受けていながら、多くの苦難を乗り越え 、強く生きる伝説的な役を頂き、彼と向かいあって自分自身の甘えた人生を考え直すいいきっかけを得ました。スタッフ、キャストと妥協を許さず創りあげる作品に出会えたことにも感謝しています。

◆香川照之
【演じる役柄】
和也がまだ高校生だった頃からそのサッカーの才能にほれ込み、自腹を切って追い続けてきたスポーツ紙記者、福本廣太郎(ふくもと・こうたろう)だ。不慮の事故で選手生命を絶たれた和也…その車椅子姿を目にした福本は、この先彼の記事を書くことはもうないのだ、と悲嘆するが…。

【コメント】
実際にいる方たちの思いや葛藤、(主人公の)和也のように、障害を受ける前と受けてからの落差や立ち直れないほどの衝撃…ドラマというのは架空の物語ですが、僕は新聞記者という立場の役として、実際にそこにある感情をちゃんと受け止めないといけないと思いました。
撮影では、櫻井さんをはじめ選手役の皆さんは、実際に車椅子に乗ってバスケをしていて、たくさん練習も必要で大変だと思いますし、いろいろなことを背負いながら、苦しみながら、本当に素晴らしい演技をされています。
櫻井さんも自然体でありながら正面から取り組んでいて、しっかりとした力強い、奥深い作品になると思いますので、ぜひご覧いただければと思います。

新春大型ドラマ『君に捧げるエンブレム』
フジテレビ系
2017年1月3日(火)午後9時~11時30分

<出演者>
櫻井 翔
長澤まさみ
市原隼人
田中哲司

小林 薫
倍賞美津子

かたせ梨乃
安藤政信
香川照之

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える