• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

嵐・大野智、相葉雅紀の絵心に理解「隣同士で年賀状書きます!」

 2017年用お年玉付年賀はがき販売開始セレモニーが都内で行われ、嵐の大野智、相葉雅紀が出席した。昨年に続いて同商品の“コミュニケーションパートナー”を務める嵐。相葉は「(年賀状は)日本の文化ですから。そのCMを5人でというのは大役。光栄に思っています」と話すと、大野は「CMをやらせてもらったときから1年以上経ったんですね。あっという間だな」としみじみ。

 セレモニーでは新CM「年賀状onステージ・登場」篇もお披露目され、大野、相葉がメイキング映像を見ながら撮影を振り返った。特設ステージに立つ嵐と1000人を超える観客のコール&レスポンスが印象的な内容の同CM。「エキストラさんの完成度が高くて。楽屋で僕らが支度してるときから声援の練習とかされていましたね。本当に皆さんプロです」と相葉はエキストラのパワーに圧倒された様子。いっぽうの大野は「カットがかかると僕らはその場で待ってるんですけど、けっこう恥ずかしかったんですよ。皆さん見てくださってるので(笑)」と自分たちに向けられた熱い視線に照れていたという。

 またトークセッションでは、「メンバーが住所教えてくれないんですよ。年賀状とかお歳暮を送りたくても事務所に送るしかなくて」と相葉が悩みを告白。「いろんな問題があるから」とたしなめる大野だったが、「俺(住所)もらさないから!ちゃんと教えてもらって出したいです」と相葉が食い下がると「もう手渡しでいいんですよ(笑)」とバッサリ。だが、「年賀状に毎回絵を書いているのにメンバーから評価されない」と続ける相葉に、大野は「一生懸命書いているんですけどね(笑)。ここまで言うなら隣同士で書いて、ちゃんと送ります!」とフォローし笑顔で約束した。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える