• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「いつ脱いでもいいような体に」“西郷どん”鈴木亮平に中園ミホから極秘指令

大河ドラマ初主演の鈴木亮平に中園のアブない指令!?

大河ドラマ初主演の鈴木亮平に中園のアブない指令!?

 2018年の大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合)の主演記者会見が行われ、主人公・西郷隆盛役を務める鈴木亮平らが出席した。

 明治維新のヒーローとして幕末に活躍した薩摩藩士・西郷隆盛。勇気と実行力で時代を切り開いた“愛にあふれたリーダー”として、隆盛の生涯がエネルギッシュに描かれる。

 会見には初大河ドラマで初主演を務める鈴木のほか、原作の林真理子、脚本の中園ミホも出席。3人は共に大河ドラマ初参加で、鈴木と中園は連続テレビ小説『花子とアン』(2014年)以来の再タッグとなる。

 主演の鈴木は今回、念願叶っての大河ドラマ主演。「今は喜びよりも責任感が大きい。責任感の大きさに身が引き締まる思いです」と現在の心境を吐露。西郷の魅力を「愛嬌と芯の強さのギャップ」と語り、「僕自身も、撮影に向けてスタッフやキャストにたくさん愛情を注いでいきたい。西郷隆盛という大きな男に相撲を挑む覚悟で臨みたいです」と意気込んだ。

 原作となる林の「西郷どん!」は、現在「本の旅人」(KADOKAWA)で連載中。恋愛もののイメージが強い林だが、「不倫小説ばかりではなく歴史ものも何篇か書いているんです」と笑いつつ、「2018年の大河は幕末だと小耳に挟み、それならまだちゃんとやっていない西郷隆盛だということで連載を始めました」と“大河化”に向けた打算を明かした。

 一方の中園は「師弟愛、家族愛、男女の愛、ボイーズラブまでたっぷりとラブストーリーが散りばめられています」とアピール。この“大河×BL”という異色の組み合わせには報道陣の関心が高かったが、制作統括の櫻井賢は「当時は男女が手をつないで歩けないような時代。(男同士でも)恋愛感情に近い尊敬があったんじゃないかと原作に書かれています。ドラマでそこをどう表現するかはこれからです」と明言を避けた。

 役作りでの大幅な体重増減がたびたび話題となる鈴木。本作の西郷像はまだ未定だというが、中園から「いつ脱いでもいいような体になりなさい」と命じられていたことが林の暴露によって明らかに。中園は「別に裸体が見たいというわけではないんですが(笑)」と前置きしつつも「アクションシーンもあるのでお楽しみに」と期待をあおった。それを受けて、鈴木は「アクションあるなんて初めて知りました」と苦笑いを浮かべていた。

 大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合)は、2018年スタート。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える