• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

Netflix『ザ・クラウン』英国ロンドンでのプレミアイベントリポート&特別映像公開

86755_01_r Netflixオリジナルドラマ『ザ・クラウン』が11月4日より全世界同時オンラインストリーミング開始。本作の配信開始を記念し、英国ロンドンのレスタースクエアにてプレミアイベントが開催された。

 Netflixオリジナルドラマ『ザ・クラウン』は、今なお絶大な影響力を持つエリザベス2世女王の知られざる素顔を浮き彫りにしていくヒューマンドラマ。彼女はいかにして激動の20世紀後半を駆け抜け、家族や国民の愛を勝ち取って来たのか?一人の女性の成長を描く本作は、大きな共感を生むストーリーとなっている。

 プレミアイベントは、英国ロンドンのレスタースクエアにて行われ、会場には、数多くのファンや世界中からマスコミが詰めかけた。本作の主人公・エリザベス2世を演じたクレア・フォイと、夫のエディンバラ公爵・フィリップを演じたマット・スミスが、英国皇室を扱った本作に相応しく衛兵に警護されながら仲睦まじくレッドカーペットに登場すると、会場からは大きな歓声が巻き起こる。まるで皇室の一員のような華やかさに観客は魅了されていた。また、カーペット上にはエリザベス女王の愛犬としても知られ、本ドラマにも登場するコーギー犬も登場し、フォトセッションではキャスト、スタッフの前にちょこんと座って愛らしい姿を見せ、会場を沸かせていた。

 スティーヴン・ダルドリー監督(『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』)は、「ここまで3年かかったけど、素晴らしい体験だった。このチームと仕事ができたことは、僕のプロフェッショナル人生の中で最もうれしい体験だったよ」と本作の制作が特別であったことを語り、監督と共に制作に携わったピーター・モーガンは、「この物語は、エリザベス女王が、プライベートでは母として、姉として、妻としてどう生きるか。同時に女王としての職務を学びながらチャーチル首相とどう渡り合うかなど、クラウン(王冠)が持つ影響力を描いているんだ。ドラマのストーリーや、自分自身への投影など、視聴者はさまざまな理由で感動を覚えると思うよ。」と作品への自信を見せた。

 また、配信開始に合わせて作品の魅力や背景をキャスト、スタッフのインタビューやメイキングを交えて紹介した特別映像「Weight of the Crown」が公開。

『ザ・クラウン』特別映像 <王冠の重圧>
(Netflix 公式YouTubeチャンネル)

Netflixについてはhttps://www.netflix.com/jp/を確認ください。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える