• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大野智&松本潤が慣れない動きに大苦戦!? 日立の新CM「『仕上がりの実感』篇」が11・19からオンエア

日立のドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」の新CMは11月19日からオンエア

日立のドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」の新CMは11月19日からオンエア

 人気アイドルグループ・嵐の大野智と松本潤が出演する日立の新CM「『仕上がりの実感』篇」が11月19日(土)より全国で放送開始。ファッション撮影さながらの洗練された2人の一挙一動に注目だ。

 CMの冒頭、ビッグドラムからシャツを取りだし、そのまま華麗に羽織る大野。いっぽう、大野からシャツを投げ渡された松本は、大野に劣らぬスマートな動きでシャツの袖に腕を通す。

 撮影では、松本が先にスタジオ入りして収録がスタート。CM内容について監督からひと通り説明を受けると、「善処します!」と笑顔で意気込みを見せた。だが、シャツを華麗に着用するシーンでは、普段行わない動きに大苦戦。スタッフに「シャツを回しながら体を入れ込むようにイメージしたほうがうまくいきますか?」「もっとワイドにシャツを回した方が良いですか?」など、何度も意見を聞いて改善に努める。

 そんな中、「シャツを振り回す角度がポイントだと思うんですよね…」とポツリ。すると「今、自分でしゃべって気づきました(笑)」と、自らのつぶやきを突破口にコツをつかみ、次第に演技がスムーズに。チェック用のモニターで自分がシャツを着るシーンを見て、その洗練された動きに思わず「おしゃれ~!」と自画自賛の笑みを浮かべた。

 その後、到着した大野に「シャツを振り回しながら着るシーン、難しいよ!」と松本。「カッコいい演技できるかなあ」と不安げな大野に着方のコツをアドバイスを送るなど、嵐の仲の良さを垣間見せた。さまざまなパターンを試しながら合計19回のテイクの末に撮影を終了させた大野は「すみませんね~本当に!(笑)」とひと言。最後まで明るい大野に、スタジオ中が労いの拍手で包まれた。

「風」をイメージしたシャンパンゴールドのエレガントな背景の中で、せりふはなく、クールな面持ちで2人がシャツを華麗に羽織る今回のCM。終盤、一緒に前方に向かってくる大野と松本が息ぴったりのタイミングで同時に画面を指差す場面は、普段の仲の良さがそのまま表れた即興シーン。あまりの息の合った様子にスタッフが「おおっ!」と声を上げたラストの指差しポーズに注目だ。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える