• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

秋の夜長、一流のクラシックにタダで酔える!CJが恒例の「クラシカ音楽祭」を無料放送

『ティーレマン&ベルリン・フィル「R・シュトラウスとブルックナー」』©Axel Nickolaus

『ティーレマン&ベルリン・フィル「R・シュトラウスとブルックナー」』©Axel Nickolaus

 日本唯一のクラシック音楽専門TVチャンネル「クラシカ・ジャパン」で、3日間の大型無料放送「クラシカ音楽祭~ようこそJAPAN~注目アーティスト、もっと魅せます!~」を放送。

 2014年11月からスタートし、今回で5回目となる「クラシカ音楽祭」。今回は11月18日(金)21時から11月20日(日)に行われ、秋から年始にかけて来日するクラシック音楽界の旬のアーティストをフィーチャーする。

 18日は「注目の来日ピアニストたち」と題して、内田光子、チョ・ソンジン、アリス=紗良・オット、ユジャ・ワンの演目を放送。続く19日は「24時間まるごとティーレマン」と題し、ドイツが誇るスター指揮者クリスティアン・ティーレマンの天才的なタクトさばきが冴える「ワイマールのリスト生誕200年コンサート」などを。20日は「オペラ・スターとオーケストラ」としてヨナス・カウフマンらを特集。3日間、合計16のアーティスト・オーケストラに関連する番組を放送する。

 また、この放送を記念して特設ホームページでは「ザルツブルク・イースター音楽祭2017『ワルキューレ』」の公演チケットが当たるプレゼントキャンペーンも実施中。

■クラシカ音楽祭 特設サイト
http://www.classica-jp.com/fes16aki/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真