• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

乃木坂46とHKT48が合同冠番組でバトル!

『乃木坂46×HKT48 冠番組バトル!』7月2日(火)よりスタート

 急成長中のアイドルグループ乃木坂46と、福岡を拠点に活動するHKT48の合同番組『乃木坂46×HKT48 冠番組バトル!』(日本テレビ)が7月2日(土)から放送開始。毎回各界の著名人を招き、どちらが面白かったかジャッジを下し、次回のオンエアでは勝利した方の番組を先の時間帯に放送する。

 6月18日、番組の制作発表会が開かれ、乃木坂46からは生駒里奈、松村沙友里、高山一実が、HKT48からは指原莉乃、兒玉遥、田島芽瑠が登壇。それぞれの番組について意気込みを語った。

 乃木坂46の冠番組『NOGIBINGO!(ノギビンゴ)』は、タイトルのとおり、乃木坂46がAKB48のやってきたのと全く同じことをしたら国民的アイドルグループに成長することができるのか?を検証する実験番組。

 センターの生駒里奈は、番組でチャレンジしてみたい企画を問われ「熱闘風呂をやってみたい!」と天真爛漫に答えた。また、高山一実は「今まで街中を歩いていても声を掛けられることがほとんどなかったので、この番組をきっかけにたくさんの人に私たちのことを知ってもらって、声を掛けられるようになりたい」と心情を吐露。松村沙友里は「乃木坂はHKTに比べて平均年齢が高いので、大人の魅力で勝負したい」と宣言するも、たどたどしい口調とのギャップで報道陣、HKT48メンバーはおろか乃木坂46の仲間からも笑いを誘った。

 対するHKT48は、メンバーたちが魔法少女に扮し、週替わりで招かれる偉大な魔法使い(大物芸能人ゲスト)を質問ぜめにする『HKT48 トンコツ魔法少女学院』で『NOGIBINGO!』を迎え撃つ。

 センターの兒玉遥は「みんなバラエティが大好きだから、一人ひとりが真剣に取り組んでいる。持ち味の若さと勢いを生かしてがんばります」とリーダーシップを感じさせるコメントを寄せた。その傍らで田島芽瑠は「番組に来てほしいゲストは?」の問いに元気よく「キンタロー。さんに会ってみたい!」と、意外な人選で場内を沸かせた。

 また、先日のAKB48選抜総選挙で1位の座に輝いた指原莉乃は「初回の収録が終わった後、思うようにしゃべれなくて泣いてしまった子も。交通費の都合で全員が収録に参加できるわけではないので、HKTの中でもバトルがあって、そこも見どころ。意欲では負けません」と年長者、また劇場支配人らしいコメントを寄せ、「以前、私のソロデューのときに乃木坂さんと対決したんですけど、そのときは恐ろしい差を付けられて完敗したので、今度はHKT全員で戦って勝負に勝ちたい」と意気込みを語った。

『乃木坂46×HKT48 冠番組バトル!』は、日本テレビで7月2日(火)深1・34から放送開始。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える