• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山本涼介 ハグ相手・南沢奈央の理想の人発言に「余計緊張しますよ!」

「サバイバーズ・ギルト&シェイム」 鴻上尚史(作家・演出家)のプロデュースユニット「KOKAMI@network(コーカミネットワーク)」の第15回公演「サバイバーズ・ギルト&シェイム」が11月11日(金)に初日を迎え、鴻上と主演の山本涼介、共演の南沢奈央、片桐仁が囲み取材に応じた。

 未来の日本を舞台に、戦場から故郷に帰ってきた若い男が「生き延びてしまった罪と恥」と向き合い、格闘し、笑い飛ばす“抱腹絶倒の爆笑悲劇”を謳う今作の主演は、『仮面ライダーゴースト』で仮面ライダースペクター/深海マコト役を演じたことも記憶に新しい山本涼介。

 初主演作となる今作について、「オファーされたとき驚きと共に責任を感じました。自分と同い年の役なので、その時に感じた思いを大事に演じたいです」とし、「初日を迎えられたことに感謝ですね。多少不安はありますが…」と語ると、片桐から「多少なの?たいしたことないの?(緊張しすぎて)相手のせりふまで口ずさんじゃってたじゃん!」とすかさず突っ込みが。

 さらに山本が、「南沢さんをハグするシーンが、緊張します…」と話すと、鴻上から「中坊かよ!(笑) もっとレベル高いこと言えよ!」と突っ込まれるなど、現場での“いじられ役”の立ち位置を思わせる会話も展開された。

 また、南沢が「私の理想の男性像が、自分より20㌢背の高い人で、山本君はまさにそう。頼りがいがありますよね」と山本について語ると「そんなこと言われたら余計(ハグのシーンが)緊張しますよ」と照れるかわいらしいひと幕も。

 “抱腹絶倒の爆笑悲劇”本番さながらの息のあった掛け合いが囲み取材でも見られた。

 舞台「サバイバーズ・ギルト&シェイム」は11月11日(金)から12月4日(日)まで、紀伊國屋ホール(東京都新宿区)で上演中。

作・演出:鴻上尚史
出演:山本涼介 南沢奈央 伊礼彼方 片桐仁 ・ 大高洋夫 長野里美
公演日程:2016年11月11日(金)~12月4日(日)・全20ステージ 紀伊國屋ホールにて上演

チケット料金:8,500円(全席指定・税込)※他券種有

企画・製作:サードステージ
お問合せ:サードステージ 電話03-5772-7474(平日12~18時)

公演情報webサイト:http://www.thirdstage.com

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える