• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

三浦大輔、池松壮亮とは「ズブズブの関係(笑)」映画『裏切りの街』舞台挨拶

「裏切りの街」初日舞台挨拶 映像配信サービス「dTV」が劇作家・演出家の三浦大輔を監督に迎えて制作したdTV初のR15指定オリジナルドラマ「裏切りの街」が、新宿武蔵野館で11月12日から劇場公開され、三浦監督、主演の池松壮亮による初日舞台挨拶が開催された。

「裏切りの街」は、三浦大輔が2010年に自身のオリジナル脚本、演出で上演した同名タイトルの舞台を自らの手で映像化。池松壮亮、寺島しのぶら豪華キャストを起用し、平凡な専業主婦と15歳年下のフリーターによる禁断の愛とその果てを描いている。

 本作はdTVで2016年2月より配信され、同月の月間視聴ランキングで1位を獲得。人間の本質を描いたテーマ性や、徹底的にリアリティーを追求した演出が“配信ドラマの枠を超えた事実上の映画”と高く評価された。そして、配信版に新たな編集を加えた劇場版が新宿武蔵野館で2週間限定公開されることが決定した。

 舞台挨拶では、三浦監督と池松が満席となった観客に向けて、作品への熱い思いを語った。

三浦:監督の三浦です、今日は初日にお越しいただきありがとうございます。この作品は僕の舞台作品の中でも最も映像かしたかった作品なので、こうやって皆さんにスクリーンでご覧頂ける事が本当にうれしいです。

池松:今日は初日から本当にありがとうございます。綺麗になりましたね、武蔵野館。(笑)そこで上映できてうれしいですし、この作品は2週間限定レイト公開で、夜の初日に登壇するのは僕は初めてなんですけど、見逃されがちな作品かもしれませんが、とてもいい作品なんだという事を伝えたくて、そこそこ多忙な中、やってきました。

会場:(笑)

三浦:最初はもちろん、舞台用に書いた作品ですが、書く際に風景やシチュエーションをイメージして舞台化したので、とても映像化しやすい作品だと思っていました。僕と池松くんとのズブズブの関係で…笑 自分のオリジナル作品で、思い入れの強い作品なので、今まわりにいる役者さんの中で一番信頼がおける、僕のことをよく知ってくれている事で、池松くんにお願いしました。

池松:『裏切りの街』が三浦さんにとってどれだけの作品かという事は重々承知していましたので、やらせてもらえるというのは本当にうれしかったです。劇場で公開するからって口説かれたのですが…なかなか公開されなくて(笑)。だから、今日はうれしいです。

三浦:今僕は東中野に住んでいるんですが、この映画では荻窪が重要な場所なんですが、荻窪にも住んでいた事があって、その頃はものすごく不遇な時代で、いろんな思い入れがある街なので、あの街の雰囲気がこの映画にはとてもよかったです。

池松:僕は当時、高円寺に住んでいまして…住所で言うと梅里なんですが(笑)、撮影に行く時は楽でしたね。でも高円寺とか中央線を知らない方でも、映画を見たら雰囲気で分かるんじゃないかなと思います。中央線で撮影した、公開はレイトショーだと聞くと、サブカルチャーだと思われるかもしれませんが、心意気は「デスノート」と変わらないんです! 「何者」と変わらないんです!

三浦:僕も「何者」と全然変わらないです。この作品は思い入れが強いので他の役者さんも、思い入れの強い方たちに出て頂きました。寺島さんはじめ皆さんにお声がけさせていただきました。集大成です。

池松:寺島(しのぶ)さんと共演できた事は本当に楽しかったです。素晴らしい女優さんで、いろいろ目に見えないところで助けてもらいました。

三浦:この作品は元々映画化しようという思いで作ったものなので、スクリーンでお披露目できるという事は本当に幸いで、僕にとっては貴重なことで、多くの方々にご覧頂きたいと思っています。エンドロールの最後までご覧ください。その後に…(笑)

池松:不倫の話なので、一緒に観る人の人選を考えて(笑)、ぜひ皆さんに観ていただきたいです。

<映画概要>
『同棲する彼女に小遣いをもらいながら怠慢な生活を続けるフリーターの菅原裕一(池松壮亮)と、穏やかな夫と専業主婦として平穏な日々を送る智子(寺島しのぶ)。お互いのパートナーに対して特別な不満もない毎日。ただ何となく、はっきりとした目的もないまま出会い系サイトで偶然出会った二人は意味のない逢瀬を重ねる。季節が変わり、二人の関係もすっかり惰性となったある日、とある出来事をきっかけに日常が揺らぎはじめる。それでも「選択」することを避け、現実から逃げて逃げて、ただただ流れに身を任せる二人は、今日も中央線沿いの街の中をぐるぐるとあてどなく彷徨う…。』

『裏切りの街』
新宿武蔵野館にて11月12日(土)~25日(金)2週間限定公開

監督・脚本:三浦大輔
原作:PARCOプロデュース「裏切りの街」(作・演出 三浦大輔)
出演:池松壮亮 寺島しのぶ
中村映里子 落合モトキ 駒木根隆介 佐藤仁美 平田満
主題歌 :「ピンクローター」銀杏BOYZ
2016年/日本/132分/R15+

公式サイト:http://uragiri.jp/
配給:エイベックス・デジタル

©BeeTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える