• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「実の母親がこんな人じゃなくて良かった」波瑠が新ドラマで母親と泥沼の三角関係に…

(左から)柳楽優弥、波瑠、斉藤由貴、寺脇康文 ©NHK

(左から)柳楽優弥、波瑠、斉藤由貴、寺脇康文 ©NHK

 2017年1月13日(金)スタートのドラマ10『お母さん、娘をやめていいですか?』(NHK総合)のスタジオ取材会に波瑠、斉藤由貴、柳楽優弥、寺脇康文が出席した。

 本作は、母と娘の複雑な関係性をサスペンスフルに描くホームドラマ。親友のように仲の良い母と娘の関係が、ある男との出会いで一変。父も踏み込めない母娘の火花散るバトルや三角関係など泥沼の展開になっていく。脚本は井上由美子。

 主人公の美月を演じる波瑠は、「自分にも当てはめられる内容なのですが、台本を読んで『私の母親がこんな人じゃなくて良かった!』と思うことがよくあります。美月は職場や家庭内の出来事、松島(柳楽)という男性との出会いなどを通して成長していくのですが、その過程がとてもリアルで、もどかしい」と。さらに、「思うようにいかない美月の心情を見てくださる方がもどかしく感じるくらいに演じていけたらと思っています。本当に頼もしい先輩方に囲まれているので、『頑張ってついていこう!』という気持ちで臨んでいます」と意気込みを語った。

 いっぽう、美月の母・顕子を演じる斉藤は、「『こんなこと、ありえないでしょ!?』と思うことがたくさん起こり、演じていてとても疲れます。演じることに真正面から向き合わなければならない作品であり役柄だと感じています。すごく難しく、精神的にささくれるような役」と役柄について説明。また、「井上さんの脚本はドラマのドラマたる要素をたくさん詰め込んだテイストがあるので、そのドラマチックな展開をつぶさないように描いていけるかが大事。いろいろな喜怒哀楽と狂気と、ある意味での過剰さを楽しみながら最後まで演じられたら」と力を込めた。

 美月と顕子の関係が一変する引き金となる男・松島を演じる柳楽は、「最近は個性の強い役柄が多かったのですが、今回演じている松島は普通の男性で、普通だからこそ難しい面はありますが、ひょうきんな一面も取り入れながら演じています。(美月と顕子との)複雑な三角関係をしっかり演じられればと思っています」と。母娘の関係をどうすることもできない父・浩司を演じる寺脇は、「仕事もうまくいかなくて、家庭では妻と娘の関係を案じながらも見ているだけの卑怯な男で、すべての出演シーンがつらいです」と苦笑い。さらに「普段はあまり役を引きずるタイプではないのに、今回は役を離れたときにどよんとする瞬間があるくらい。早く最後まで演じ切って、1つの仕上がりを見たいという気持ちです。終わったときにこのつらさを忘れられるようなラストになっているように演じていければと思います」と語った。

ドラマ10『お母さん、娘をやめてもいいですか?』
2017年1月13日(金)スタート
NHK総合 毎週金曜日 後10・00~10・48(全8回)
出演:波瑠、柳楽優弥、麻生祐未、大空眞弓、壇蜜、石井杏奈、寺脇康文、斉藤由貴ほか

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える