• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章初日舞台あいさつにヤマトとガミラスの名将が登場!

『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章「到達!大マゼラン」初日舞台あいさつ。中央左から沖田艦長役の菅生隆之、出渕裕総監督、名将ドメル役の大塚明夫。両端はヤマトガールズ

『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章「到達!大マゼラン」初日舞台あいさつが6月15日(土)、新宿ピカデリーにて行われ、ヤマト艦長・沖田十三役の菅生隆之と、ガミラスの名将エルク・ドメル役の大塚明夫と出渕裕総監督が登壇した。

 菅生隆之は「第六章では、男と男のぶつかり合い、引くに引けない戦国武将の東軍と西軍のような戦いになるように、大塚君と二人で話し合って作り上げました。迫力のあるガチンコ勝負になったと思っています」とコメント。

 大塚明夫も「燃えつきました!(初代ヤマトでは)ドメルの人間的な背景まではあまり描かれていなかったのですが、2199ではその辺りにまで踏み込んで描かれ、キャラクターとしての厚みが出たのでうれしかったです。出渕さんに感謝しています」と総監督に感謝の発言。

 その出渕裕は「構想段階より、ドメル役は大塚さんにと決めており、4年程前に飲み屋で偶然会った際、事務所も通さず、ご本人に直接オファーをしてしまいました(笑)。六章では、菅生さん演じる沖田と大塚さん演じるドメル、自分の中で理想の戦いを描けて感無量です」と秘話を明かした。

 また、菅生隆之と大塚明夫は「沖田は自分にとって非常に思い入れのある、素晴らしい役なので絶対に手放したくないですが、敢えて他の役を演じるとするならば、ドメルという敵の将は、ぜひ演じてみたい役柄です」「沖田という役柄は、すべてを受け入れ飲み込んだ上で言葉を発するので、とても難しいと思います。菅生さんぐらいの方でないと成り立たないのではと思います」と配役のifについても話が及んだ。

 最後に、菅生隆之と大塚明夫と出渕裕は「六章が完成し、残すところ七章のみ、いよいよ佳境です。気合を入れて、若い共演者たちをひっぱりながら、いつまでも記憶に残る作品を作りあげたいと思います」「六章で好きなシーンは観兵式で、『兵は戦場で育つ』というセリフにぐっときてしまいました。ぜひ七章でヤマトが目的を達成できるのか、最後までその目で見届けていただければと思います」「ぜひ次章も楽しみにしていてください」とそれぞれPR。

『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章「到達!大マゼラン」は、全国の映画館で上映中(Blu-ray
Disc&DVDは2013年7月26日(金)発売)。また、第七章のイベント上映は2013年8月24日(土)開始。

 また、第一章から順次OA中のTVアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』(毎週(日)午後5・00)は、MBS・TBS系全国ネットにて好評放送中。

『宇宙戦艦ヤマト2199』公式サイト(http://www.yamato2199.net
【上映館】
東京:新宿ピカデリー、MOVIX 亀有/神奈川:横浜ブルク13/
埼玉:MOVIX さいたま/千葉:MOVIX 柏の葉栃木:MOVIX
宇都宮/大阪:なんばパークスシネマ、大阪ステーションシティシネマ/
京都:MOVIX 京都/名古屋:ミッドランドスクエアシネマ/
福岡:福岡中洲大洋/北海道:札幌シネマフロンティア
※第六章から上映開始した劇場は下記のとおり。
宮城:MOVIX 仙台/神奈川:MOVIX 橋本/愛知:MOVIX 三好/
兵庫:MOVIX ココエあまがさき

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える