• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大久保佳代子「女優業への道開けたかも」

 6月26日(火)放送の3部構成・オムニバスドラマ『幸せになる3つの買い物』(フジテレビ系)で主演女優を務めた大久保佳代子が、撮影をクランクアップし喜びのコメントを寄せた。

「気持ち的には、やっと終わったという感じ。慣れていない現場で、慣れていないペースで、慣れていないスケジュールというので、ちょっと肌のくすみが尋常じゃなくなってるので(笑)」と過酷な撮影の日々を終えたことに満足気な表情を浮かべ、「バラエティでは考えられないほどメイクを直してくれたりと、少しでも私が良く見えるようにという気遣いがありがたかったです」とつかの間の女優気分を味わった様子。

 さらに現場のスタッフから「女優魂を感じた」と絶賛だった芝居については「あ、だまされました?(笑)。開けますかね、女優業の道が(笑)」とジョークを飛ばした。主演女優として心がけたことを聞かれると「さすがに飲みに行ってないですね。現場の入り時間が早朝で、バラエティじゃありえない時間なんでもう体力的に厳しい」と、夜な夜な女芸人たちと集まって飲むことが多い大久保も節制に努めたことを明かした。

 最後に「このドラマは自分が共感するところがかなりあったので、演じやすかった。私は若干ブスだし、ほんとのおばさんかもしれないですけど、見ていただいてリアルな何かを感じていただけたら」とドラマをPR。「今後もお話があれば1年に2回くらい、3番手4番手の役が来るような女優になれたらいいな(笑)」とさらなる野望も見せた。

 スペシャルドラマ『幸せになる3つの買い物』(フジテレビ系)は6月25日(火)後10・00から放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える