• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「人生得してる」大倉忠義の“秘密兵器”に阿部寛&ムロツヨシも仰天!?

88661_01_r 人気作家・東野圭吾原作の笑激サスペンス、映画「疾風ロンド」の公開直前イベント“疾風ロンドンバス”出発式が行われ、主演の阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシが出席。タイトルにかけ、2階建てのロンドンバスにラッピングを施した、特製“疾風ロンドンバス”の出発を祝してテープカットが実施された。

 作風になぞり、雪が舞う演出の中で登場したキャスト陣。グレーのギンガムチェックのスーツに身を包んだ大倉は「ロンドンバスだからチェックだ!ロンドンだからですよ、みなさん!」とムロにいじられるも報道陣の微妙な空気を察し、「俺の衣装がスベってるみたいになってるからやめてよ…」と苦笑い。

 本作のイベントには初参戦となったムロ。「ムロくんって自然に笑顔になっちゃうお顔だからムロくんとのシーンはずっと笑いをこらえていた(笑)。尾行されているシーンのときは耐えられなかった」と大倉が語ると、大島は「ムロさんはずるい。視線を独り占めしたいのか、私と大倉さんが前で映っているときに後ろでわざと転んだりして」と。「全力でお芝居をした結果のアクシデントだよ」と弁解するムロだったが「リハーサルではちゃんと滑れてた」と大倉に明かされていた。

 酒好きだという大倉とムロは撮影終わりに一緒に飲んでいたそうで「最初はスタッフさんたちも大倉くんと飲むことに緊張していたけど、2日目、3日目になると徐々に大倉くんの酒の強さに参ってしまい大倉くんが来るとスタッフさんが“次の日に影響があるから”って逃げるようになりました(笑)。本当にお酒が強い!」とムロが暴露すると、大倉は「巻き込んでましたね」と笑いながら撮影時を振り返った。

 スキー場のパトロール隊員を演じるため、スキーがほぼ未経験だった大倉は人工スキー場で練習をしたそうだが、いざ撮影で雪山に入ると「こんなに急なんだとビックリして。危険なところに張ってある網にツッコんで完全に体全体が巻き込まれました」と照れ笑い。ムロが「非常にキレイなツッコみ方で、見ている方は清々しかったと言ってたよ(笑)」と補足すると、大倉は「やっぱりあの網は必要なんだなと思いました」と笑いを誘った。

 また、研究所から盗まれた秘密の生物兵器を探す物語にちなみ、自身の“実は隠していた秘密兵器(特技・武器)”を問われ「お手洗いが人よりも尋常じゃなく早い。すべて一瞬で終わるから他の人と比較したら人生得してる」と語る大倉に阿部とムロが驚く中、「大倉さんは生理的現象が全部早い。どこでもすぐに寝れるし、炭酸系を飲んだら空気に戻すのも早いし(笑)」と大島にぶっちゃけられた大倉は「ゲップって言ってよ!」とたじたじの様子だった。

映画「疾風ロンド」は11月26日(土)から全国ロードショー。

公式HP http://www.shippu-rondo-movie.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える