• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

葉山奨之「アクションに注目して」オリジナルドラマ『龍が如く 魂の詩。』ゲオchで独占配信

『龍が如く 魂の詩。』 VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス「ゲオ・チャンネル」で配信されるゲオオリジナルドラマ『龍が如く 魂の詩。』の製作発表が行われ、「龍が如く」シリーズ総合監督の名越稔洋が登壇。さらに、江口カン監督、主演の葉山奨之、矢本悠馬、福山翔大、手塚真生がサプライズゲストとして登場した。

 名越は「桐生一馬が登場しない、完全オリジナルストーリーです。ずっと実写化したいと思ってましたが、難しい条件が多く、なかなか実現できませんでした。最後に江口カン監督に会って制作を決めました。我々がやりたかった“青春”をキーワードとしたドラマです。本当に期待できる作品に仕上がったので、まずは、VODをご覧ください」と作品への想いを語った。

 江口監督は「この作品は、桐生一馬に憧れる男の子たちの純粋な物語です。尾道で育った3人は、『神室町』でも友情でつながりながら成り上がっていきます。『龍が如く』の名を冠している以上、半端な心は持たず魂を込めて作っていますので、ぜひ実写とゲームを一緒に見てほしいです。必ず男泣きさせます!」と意気込みを語った。

 主人公・岡達也役の葉山は、「今日は撮影を抜け出してこの会場に来ました。本当に熱い現場になっていて、とにかくアクションがすごいので注目してください。『龍が如く』の世界観が本当に好きで、撮影現場でも時間を見つけてはゲームを楽しんでいます」と裏話を披露した。

 本物のヤクザに憧れるブチ切れ野郎・新井久人役を演じる矢本は「“いつも男は男らしく”と思っているので、『龍が如く』の世界に参加できて本当にうれしいです。決して強いとはいえない3人組が、もがきながらも、一生懸命生き抜いていく熱い姿をぜひ見てほしいです」と話した。

 近藤浩一役の福山は「役作りの上で、ヤクザ役ならではの独特な苦労もありましたが、若いキャストだからこそできることに挑戦した作品です。原作とは違う、若い3人の勢いが映像から伝わってくると思います」と見どころを語った。

 律子役の手塚は「紅一点として3人の男性を見守る『律子』を一生懸命演じさせていただいています。全員の気持ちが各シーンに現れていて、まだ撮影中で全編は見られていませんが、完成がとても楽しみです」と語った。

 さらに、主題歌を担当する湘南乃風のRED RICE SHOCK EYEから「『龍が如く』の世界にまた携われて光栄です。作品の世界観に寄り添った楽曲を2週間という短い制作期間で作り上げた」とのムービーコメントが寄せられた。

 ゲオオリジナルドラマ『龍が如く 魂の詩。』は、シリーズ累計販売が800万本を超える大ヒットゲーム「龍が如く」の実写化。VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス「ゲオ・チャンネル」で、第1話から第4話を2016年11月30日(水)より4週連続で独占配信し、2017年1月11日(水)よりゲオショップ全店でDVD上巻(第1話&第2話)、下巻(第3話&第4話)を独占レンタルする。

©SEGA©2016 プルーク

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える