• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

齊藤工発案「cinema bird(移動映画館)」“悲願だった”福島・南相馬で開催

「cinema bird in 福島2016」 俳優・齊藤工が発案した「cinema bird(移動映画館)」プロジェクトの第4弾となる「cinema bird in 福島2016」が11月19日(土)に福島県南相馬市の県立原町高等学校で行われ、3部構成で約900人の観客が集まった。福島県では昨年7月の双葉郡のふたば未来学園高等学校に続き2回目の開催となる。

 今回は、「cinema bird」への参加は初めてながら、宮城県出身で3・11以降継続して復興支援活動を続けているお笑いコンビ・サンドウィッチマンがMCを担当。郡山市に3年半住んでいたという伊達みきおは「福祉用具の営業マン時代にこの地域には週一で来ていました。大好きな場所なんです」と思い出を語った。

 この企画の発案者・齊藤工は「南相馬市での実施は悲願でした」と話し「子供のころからいろんな人生を疑似体験できる映画館で衝撃を受けてきたが、どんどん映画館が減ってきている。誰かと感動を共有することを子供たちに体験してほしい」とcinema birdプロジェクトを立ち上げた動機を明かした。

 第一部ではネイチャー・ドキュメンタリー映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』を、日本語吹替を担当した女優の木村文乃からの応援メッセージと併せて上映。齊藤は上映後、客席に降りて「どの動物が好きだった?」と子供たちに話しかけ、「犬!」「リス!」という元気でかわいい子供たちの声に顔をほころばせた。

 また、5月に実施した大分に続いての参加となる永野は「ラッセンより~普通に~福島が好っきー!」と持ちネタをアレンジし、会場を沸かせた。さらに、出演者全員で会場近くの南相馬市牛越応急仮設住宅を訪問し、住人たちと交流した。

 第2部の上映作品は行定勲監督が出身地・熊本の地域創生を目的とした「くまもと映画プロジェクト」で手がけ、オールキャスト熊本県出身の『うつくしいひと』。上映前には、出演した俳優・高良健吾からのメッセージを紹介。「『震災前の美しい熊本を映像に残してくれてありがとう』と多くの人から言われ、『これが映画の記憶、映画の力なんだ』と思いました」という作品への思いと、現在製作中の続編も「cinema birdで上映してほしい。その時は行きたいです」というメッセージが伝えられた。

 観客からの「(映画を観て)熊本に行きたくなりました」という感想に齊藤は「被災地では観光面の2次災害が一番辛いこと」と残念がると、サンドウィッチマンも「本当に熊本も東北もとてもいいところ。ぜひ行ってほしい」と力説した。

 さらに福島県出身のあばれる君も駆け付け爆笑のステージを披露。第3部では、口コミで大ヒットした感動作『チョコレート・ドーナツ』が上映された。

 また、各回でシンガーソングライターの古賀小由実とMOGMOSのユニット・古賀モスが今回のために書き下ろした新曲「この街のマーチ」などを心が温かくなる歌声で披露し、曲が収録されたCDと「cinema bird」のステッカーが来場者に配られた。

 その他、鉄拳によるパラパラ漫画「家族のはなし」も各回で上映され、サンドウィッチマンの伊達は「今日3回見たけど3回泣いた」とコメント。また、会場の外では、来場者に「博多もつ鍋 いっぱち」のもつちゃんぽんが振る舞われた。

<「cinema bird(移動映画館)」とは?>
小さな島々を含め日本中から映画館が減っています。震災などによって映画館がなくなってしまった地域もあります。劇場体験をしないまま大人になっていく子供達。劇場で映画を見ることがなくなってしまった大人達。
cinema birdはそんな地域の人たちに同じ空間で感動を共有する大切さを伝えるために映画+ライブというフェスティバルのような体験を鳥のように自由に届けるプロジェクトです。

公式HP:http://cinemabird.com/

主催:cinema bird実行委員会
後援:南相馬市
協力:福島県、TSUTAYA、博多もつ鍋いっぱち
企画/制作:株式会社 W media

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える