• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ピッチャー・岩隈久志VSバッター・くまモン!「キット、ずっと杯」始球式で夢の対決

「キット、ずっと杯」決勝大会セレモニー 草野球日本一を決める大会「キット、ずっと杯(カップ)」決勝大会セレモニーが行われ、メジャーリーガーの岩隈久志選手とくまモンが登場した。

 この大会は、東日本大震災からの復興を「キットカット」で応援する「キット、ずっとプロジェクト」の一環で、ネスレ日本が主催する草野球大会。岩隈選手がゼネラルマネージャーを務める草野球団「三陸鉄道キットDreams」とくまモンが応援する熊本代表チームの試合の前にセレモニーが行われた。

 セレモニーには、「キン肉マン」の作者で「三陸鉄道キットDreams」のマスコットキャラクター(バッファローマン)をデザインしたゆでたまご・嶋田隆司も登場。「東日本大震災のときに漫画家として協力できることはないかと考えたときに、今回のマスコットキャラクターデザインで協力させていただきました。地域の皆様にかわいがっていただいているので、少しは役に立てたかなと思っています。全国の皆さんの友情パワーで復興にお力を貸してください」と語った。

 続いて岩隈選手が登場し、「西武ドームは実家から近いので、ドームになる前から来ていたので非常に懐かしいです。三陸鉄道キットDreamsには野球をできる喜びを感じながら楽しくプレーしてほしいです」とエールを贈り、「震災があったとき、アメリカにいてネットのニュースで被害を知りました。甚大な被害があったことを知り、胸を痛めました。自分にできることは野球なので、野球を通じてサポートできればと思っています。熊本県の皆さんには、早く元気になってほしいですし、皆さんが笑顔になることを祈ってます!」と語った。

 セレモニー五の始球式では、岩隈選手とくまモンが夢の対決。観客席からの歓声に包まれて打席に立ったくまモンは、始球式にもかかわらず打つ気満々。しかし、メジャーリーガーの意地を見せ、結果は岩隈選手に軍配が上がった。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える