• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「牙狼<GARO>」がますます熱い!「金狼感謝祭」で新コンテンツ発表

「金狼感謝祭」 「牙狼<GARO>」シリーズファンへの感謝の思いを込めた「金狼感謝祭 2016」が、11月23日(水・祝)の「勤労感謝の日」に開催され、雨宮慶太総監督をはじめ、シリーズを担うキャスト、スタッフ陣が集結した。

 「牙狼<GARO>」は、2005年にテレビドラマとしてスタートした人気特撮シリーズ。テレビ、映画、そしてアニメなど、これまでに多くの作品を生み出しており、今年、放送開始から12年目を迎えた。

 「金狼感謝祭」では、2017年1月6日(金)より放送開始されるシリーズ最新作「絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-」のポスター、竜騎士、エンディング曲、特別映像が解禁された。また、テレビアニメ新シリーズ製作決定、冴島雷牙シリーズ劇場版『牙狼<GARO>-月虹ノ旅人-』、道外流牙シリーズ劇場版『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』製作決定も発表された。

 2017年放送予定のシリーズ最新作「-DRAGON BLOOD-」からは藤田玲、青島心、松山メアリ、芳賀優里亜が登場。主人公・涼邑零が通うBar・ルーポに集まって、終わったばかりの撮影を振り返った。今回の見どころは、古代より蘇りし竜騎士エデル。この日はエデルのビジュアルが解禁となったほか、エデルを演じる弓削智久も来場。弓削は「『牙狼<GARO>』の大ファンだったので、参加できてうれしかったんですけど、実は高いところが苦手で。高い所のアクションは大変でしたね」と撮影を振り返った。

 さらに「-DRAGON BLOOD-」のエンディング曲「Zoe~Beautiful World~」を、藤田のバンド「DUSTZ」が手がけることも発表され、スタジオに集まったファンの前で初披露した。

 この日は、普段なかなか見ることができないガロスタの内部も披露。美術置き場やグリーンバック、大型セットの断片を披露していると、そこにはアニメ「-紅蓮ノ月-」のメインキャラクターデザインを担当したマンガ家の桂正和もサプライズで来場。声優を務めた中山麻聖と共に同作を振り返った。キャラを作った時のデザインノートや、最終的にデザインを決定するまでの資料などを持参した桂は、「中山さんの声がカッコいいから良かったですよ」と。中山も「桂先生のキャラには目力があるから気合が入りましたね」と語るなど、トークで盛り上げた。

 そして今年放送された「魔戒烈伝」からは、エンディング曲を担当したユニット「魔戒歌劇団」が来場。同シリーズでは、松山演じる烈花と、南里演じる道外流牙シリーズの莉杏が巡り会うというシーンが話題に。この共演を振り返り、「私もビックリしました」と松山。南里も「ありえない設定が雨宮さんにかかればありえるんだなと思いましたね」と語った。

 また、松山から「魔戒歌劇団」プロジェクトの一時休止も発表。雨宮総監督は「もともと10周年企画で発足したものだったので、一度区切りをつけようと思った。ただしプロジェクト自体を終了させるわけではないので、いつか活動再開もあるかもしれない」と説明。その言葉を受けた4人は、感謝の気持ちを込めて「PRAYERS」「篝火ノ夢」の2曲を披露した。

 恒例となっている今後のラインナップ紹介のコーナーでは、「テレビアニメ新シリーズ」、道外流牙シリーズ劇場版『牙狼<GARO>神の牙-KAMINOKIBA-』の製作が、そして冴島雷牙シリーズ劇場版『牙狼<GARO>-月虹ノ旅人-』が製作中であることなどが発表された。

 最後に雨宮総監督は「『絶狼<ZERO>』はこれから仕上げをする話数もありますけど、1月6日からのオンエアが決まって。『絶狼<ZERO>』を毎週観られるという楽しみが待っています。ですから年明けは『絶狼<ZERO>』をよろしくお願いします。それから『牙狼<GARO>』の映画ですが、邦画のアクションとしてはすごいことになると思います。これまで培ってきたものをはき出して頑張ろうと思います」とファンの期待をあおった。

<「金狼感謝祭 2016」で発表されたコンテンツ>
■「絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-」
2017年1月6日テレビ東京ほかにて深夜1時23分より放送スタート

原作・総監督:雨宮慶太
脚本:梅田寿美子
出演:藤田玲/青島心 松山メアリ
芳賀優里亜 紅蘭 ガダルカナル・タカ/弓削智久

制作:東北新社/オムニバス・ジャパン
製作:東北新社

c2016「絶狼」雨宮慶太/東北新社

garo-project.jp/ZERO_DRAGONBLOOD/

<ストーリー>
とある街でホラーを討伐する涼邑零。ある日、写真を愛する少女・尋海アリスと出会う。銀牙騎士ゼロの姿を目撃したアリスは、零に興味を抱きはじめる。時を同じくして、遥か彼方の橋を一台の馬車が疾走していた。荷台に載せられた棺の中には、一人の男が眠っている。その男こそ、太古の時代に竜の力を借りてホラーを狩っていた”竜騎士”であった。竜騎士の幾千年の眠りが、今覚まされようとしていた――。
アリスに付き纏われては軽くあしらう日々を送る零。そんなある日、魔戒法師・烈花とともに「古の竜の卵を守れ」という指令を受ける。“竜の卵”という言葉に反応するアリス。竜の卵をめぐる戦いは竜騎士、そしてアリスを巻き込み、新たな事態へと発展していく。
悠久の眠りから目覚めた竜騎士の目的とは?新たな戦いの果てに、魔戒騎士として、一人の男として、零がみる景色とは―――?

■劇場版『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』公開決定

 2013年4月より放送された「牙狼<GARO>-闇を照らす者-」、2015年3月に劇場版が、そして4月からTVシリーズとして放送された『牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔』に続く、道外流牙シリーズ劇場版第2弾。

原作・監督:雨宮慶太
アクション監督:横山誠

■劇場版『牙狼<GARO>-月虹ノ旅人-』製作進行中

2014年4月より放送された「牙狼<GARO>-魔戒ノ花-」の冴島雷牙シリーズの劇場版が製作進行中。

主演:中山麻聖

■TVアニメ新シリーズ製作決定

2014年10月より放送された「牙狼<GARO>-炎の刻印-」、2015年10月より放送された「牙狼<GARO>-紅蓮ノ月-」に続く、TVアニメ新シリーズの製作が決定。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える