• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮部みゆき×仲間由紀恵『連続ドラマW 楽園』17年1・8放送決定&予告動画公開

「連続ドラマW 楽園」 仲間由紀恵主演「連続ドラマW 楽園」の初回放送日が2017年1月8日(日)に決定し、最新予告動画が公開された。

 本作は、宮部みゆきのミリオンベストセラー「楽園」を、仲間由紀恵主演で初の映像化。宮部の代表作の1つ「模倣犯」での事件から9年後を描いたもので、ライター・前畑滋子が再び、ある殺人事件の真相へと迫っていく。謎が謎を呼ぶ展開の中、単なるミステリー要素だけではなく、家族に向き合う“心”の物語が描かれる。脚本は連続テレビ小説「まれ」や、「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」の篠﨑絵里子が務める。

 放送に先立ち、宮部みゆき原作作品と仲間由紀恵出演の映画計5本の一挙放送も決定。宮部みゆき原作映画からは、本作の前身となる『模倣犯』、そして“校内裁判”という異色の題材をテーマにした『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』の3本が放送される。仲間由紀恵出演映画からは、狂言誘拐の行方を描いた『g@me.』とテレビシリーズの集大成として大きな話題を呼んだ『大奥』(2006)の2本を放送する。

 また、11月25日(金)より全国2000店舗の書店で、「連続ドラマW 楽園」の特別版ポスター、ポップ、帯巻文庫本展開が順次スタート。文藝春秋が行う「年末年始に読みたい本フェアにもラインナップされ、一部書店では本作の予告動画を見ることができる。

「連続ドラマW  楽園」予告動画/60秒バージョン
https://youtu.be/0ysy2LU-FYI

<ストーリー>
 当時15歳の娘を殺害し、遺体を自宅の床下に16年間隠していた土井崎夫妻の事件がニュースを騒がせていたある日、小さな編集プロダクションで働くライターの前畑滋子(仲間由紀恵)のもとに、主婦の萩谷敏子(西田尚美)が訪ねてくる。
敏子は、10歳の息子・等に“他人の記憶が見える”特殊能力があるかもしれないと前置きし、等が描いたという1枚の絵を差し出す。そこにはコウモリ形の風向計が特徴的な家の中で横たわる、灰色の顔をした少女が描かれており、土井崎夫妻の事件に酷似していた。滋子は半信半疑で調査を引き受けるが、等は交通事故で亡くなってしまう。
一方、土井崎夫妻の次女・誠子(夏帆)は、父・元(小林薫)の代理という弁護士・高橋治美(黒木瞳)から、両親が誠子と縁を切ろうとしていると聞かされ戸惑う。そのころ、ある街で女子高校生が監禁されていた―。
ばらばらに思える事件はやがてひとつの“真実”へ。滋子の奮闘が今始まる!

日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW  楽園」

2017年1月8日スタート(全6話)
毎週日曜 夜10:00※第1話無料放送

<スタッフ>
原作:宮部みゆき「楽園 上・下」(文春文庫刊)
監督:権野 元(「連続ドラマW 震える牛」「連続ドラマW 悪貨」)
脚本:篠﨑絵里子(連続テレビ小説「まれ」「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」)
音楽:羽岡 佳(「連続ドラマW 下町ロケット」 映画『後妻業の女』)

<キャスト>
仲間由紀恵 黒木 瞳 夏帆 金子ノブアキ/松田美由紀/石坂浩二(特別出演)/小林 薫 ほか

番組公式サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/rakuen/

「連続ドラマW 楽園」放送記念!宮部みゆき特集
WOWOWシネマにて2017年1月5日(木)夜6:45~放送

「連続ドラマW 楽園」放送記念!女優 仲間由紀恵
WOWOWシネマにて2017年1月7日(土)午後3:45~放送

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える