• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

蕨野友也「やっと始まるなって気持ちです」舞台「デルフィニア戦記」主人公のビジュアル解禁

89648_01_r 茅田砂胡原作「デルフィニア戦記」シリーズの舞台「デルフィニア戦記」が2017年1月20日(金)より天王洲・銀河劇場にて上演される。これに先駆け、“デルフィニア音楽祭”とコラボレーションした公開製作発表が都内で行われ、出演者の蕨野友也、佃井皆美、細貝圭、山本亨が登壇した。

 ライトノベル作家・茅田砂胡のシリーズ累計320万部突破の大ベストセラーの初舞台化「デルフィニア戦記」。本作は、国を追われることとなったデルフィニア国の王・ウォル(蕨野)が、謎の少女・リィ(佃井)と出会い、国を取り戻すために奔走する冒険ファンタジー。舞台の上演前後に流れるイメージソング「誓い」は、シンガーソングライター・ななみが担当する。

 国王・ウォルを演じる蕨野は「マネージャーから主人公・ウェルが蕨野さんにしか見えないと言われお話をいただいてから、原作の小説を読み始めたんですけども」と本作との出合いを語り「読み進めていくうちに、田舎育ちということなど共通点が見えてきてウォルを意識し始めました」とビジュアルだけでなく気持ちの面でも通ずるものがあったことを告白。物語のキーマン・リィ役の佃井は「私は3年前くらいに原作を読んでから大ファンで、その時リィを演じたいと思っていたんです。お話を聞いたとき“あのデルフィニア戦記ですか?絶対やりたいです”と言いました」とこれまでの経緯を振り返る。待望のリィ役に決定して「運命だな、こんなことあるんだなって思った」と喜びを語るいっぽう「リィの年は私の実年齢の半分以下だし、私は身長も162cmあってイメージと違うんじゃないかって…ただウォル役の蕨野さんを目の前にして大きくてほっとした」と原作ファンならではの思いや不安も明かす。これには「そうだね、相手役も160cmだったらやばかったね(笑)」と佃井と一緒に安堵の表情を浮かべる細貝。

 また「何かに対して信念を貫き通すっていう意味では、僕自身もぶれずに本番を迎えることが出来たときに、やっとウォルになれたんじゃないかんっていう瞬間がくると思っているので、ウォルと一緒に稽古に励んでいきたい」と役柄であるウォルの生きざまに共感し、本作に懸ける意気込みを語る蕨野。佃井は「すごく身体能力の高い役柄を演じるので、今までやってきたアクション以上のものをお見せできると思います」と見どころにアクションを挙げた。

 今回の舞台化において、アクションに加え、剣術や殺陣も注目の1つ。ウォルやリィの仲間となるラモナ騎士団長・ナシアスを演じる細貝は「容姿端麗、剣が上手い、どうしてくださるんですか!?」と役柄の完璧っぷりに気後れ気味。しかし「剣術はエキスパートの方に教わって、頑張ります!」と気合たっぷりの姿を見せた。主人公ウォルと敵対するペールゼン侯爵を務める山本は「原作ファンの方のそれぞれの持つイメージを壊さないように一生懸命やりたいです、ただすごい身長が…」と隣に座る蕨野をチラリ。「さっきお会いして、シークレットブーツを履こうかなって」と身長185cmの蕨野を羨ましがるひと幕も。

 そんな山本が戦隊もので敵の戦闘員を演じていた過去が明かされると、『仮面ライダードライブ』で敵幹部・ハート役を務めた蕨野、『仮面ライダー鎧武/ガイム』の敵対勢力ユグドラシル・コーポレーションの一員である仮面ライダーマリカを演じた佃井、『海賊戦隊ゴーカイジャー』の悪役バスコを演じた細貝と登壇者4人揃って“特撮戦隊ヒーロー”つながり、しかも悪役が勢揃いしていることが判明する。戦隊ヒーローとの今回の役柄の共通項を尋ねられ、蕨野は「人間ってことですか?」と言うと「共通項がみつからない、今回の役は人間じゃないし…」と困った様子の佃井。細貝も「なにもないです、共通ゼロ」と言いつつ蕨野にのっかり「でも、人間っていうことですかね」と一言。それぞれが今までとは違った新しい一面を披露することになるようで、山本も「僕は“イッ”以外を喋るのがもう…大出世ですね」と語り、キャスト、会場に笑いを誘った。

 続いて、出演者もさっき見たばかりという主人公・ウォルとリィのビジュアルが公開されることに。蕨野は「やっと始まるなっていう気持ちです」、佃井は「この衣装を着て舞台に立つ姿がまだ想像できていないので、これから役を深めてこの格好がふさわしくなれるように頑張っていきます」とコメント。

 ここから記者陣からの質疑応答の時間となり、「東京スポーツの岡本と申します…」と記者陣にまぎれてガレンス役の須藤公一がサプライズで登場した。「嘘つけ!今すぐ立て、違うだろ」と真っ先に気付いた細貝を含め、登壇者4人へのサプライズ演出は大成功。最後に蕨野から「全国にたくさんいらっしゃる原作ファンの方には、小説は小説で、舞台は舞台として、新しく思い出の1ページになってもらえたらなと思っています。初めての本作に触れられる方は、僕たちと一緒に舞台にデルフィニアの世界を旅していきましょう」とメッセージを送られた。

舞台「デルフィニア戦記」第一章

公演期間:2017年1月20日(金)~29日(日)※全12回公演(予定)
公演会場:天王洲 銀河劇場
キャスト:蕨野友也/佃井皆美/細貝圭/小林勝也/山本亨 ほか
脚本・演出:児玉明子
公式HP:http://delfinia-stage.jp/
公式twitter:@delfinia_stage
企画・製作:舞台「デルフィニア戦記」製作委員会
企画協力:茅田砂胡プロジェクト

©茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)・舞台「デルフィニア戦記」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える