• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

SW最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』主要キャスト&監督の来日決定

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 12月16日(金)公開の「スター・ウォーズ」最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に出演しているフェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、そしてギャレス・エドワーズ監督の3名が、世界に先駆けて来日することが決定した。

 本作は『エピソード4/新たなる希望』の直前までが描かれるアナザー・ストーリー。反乱軍の寄せ集め極秘チーム<ローグ・ワン>が、全銀河を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うという97.6%生還不可能なミッションに挑む姿が描かれる。

 来日するのは、主人公ジンを演じるフェリシティ・ジョーンズ、情報将校キャシアン役のディエゴ・ルナ、ギャレス・エドワーズ監督。フェリシティは映画のプロモーションとしては初来日。ディエゴ・ルナは9年ぶり2回目、ギャレス・エドワーズ監督は2年ぶりの来日となる。

 『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズは、イギリスの名門・オックスフォード大学の出身の才色兼備な女優。本作では、15歳の頃から一人で生きる孤独なアウトローという、これまで彼女が演じてきた役柄とは一味違う姿を見せている。初の本格的なアクションにも挑戦し、ジン役を演じるに当たり「カンフー」のトレーニングを積んで、肉体面はもちろんのこと、精神面においても鍛練したという。

 そんなジンのお目付け役で情報将校のキャシアン・アンドーを演じるのは、メキシコ出身の俳優ディエゴ・ルナ。子役時代から活躍し、2000年にハビエル・バルデム主演の『夜になる前に』でハリウッドデビュー。以降、メキシコやハリウッドで俳優として活躍する一方、ガエル・ガルシア・ベルナルと共に自身の映画製作会社を立ち上げ、映画監督・プロデューサーとしてもマルチな才能を発揮。今年のカンヌ国際映画祭では、「ある視点」部門で審査員を務めている。

 「スター・ウォーズ」オタクを自認するギャレス・エドワーズ監督は、ゴジラ好きが高じてハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の監督でメジャーデビューを果たし、本作の監督に大抜擢された。

 フェリシティ・ジョーンズら3名は、アメリカで行われるワールドプレミアの前に、世界に先駆けて来日。『ローグ・ワン』の主要メンバーが集結するのは、アジアでは日本のみとなる。滞在中は、レッドカーペットイベントや特別映像上映会などで直接日本のファンと交流するほか、来日記者会見を予定している。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
12月16日(金)全国ロードショー

監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ